サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベント妊娠・出産>出産育児一時金>出産育児一時金・葬祭費

ここから本文です。

出産育児一時金・葬祭費

出産育児一時金

 国保に加入している方が出産したときは、出産育児一時金が支給されます(死産・流産でも妊娠12週以上であれば支給されます)。ただし、社会保険から出産育児一時金が支給される場合(1年以上の加入期間があり、退職後6ヶ月以内に出産した場合)は、国民健康保険からは支給されません。
 
○支給額
42万円

直接支払制度

 出産前に医療機関等が世帯主の方と出産育児一時金の支給申請及び受領の代理契約を結び、出産後に42万円を上限として医療機関等が出産育児一時金を受け取る制度です。この制度を利用することで、まとまった出産費用を用意する必要がなくなります。また、市役所の窓口にお越しいただいて支給申請する必要がなくなります。

市役所の窓口で支給申請する場合

 直接支払制度を利用しなかった場合や、直接支払制度を利用し、かつ出産費用が42万円未満だった場合は、市役所の窓口で申請することになります。

市役所の窓口で支給申請するとき必要なもの

 (1)国民健康保険被保険者証
 (2)世帯主の印鑑(認め印可)
 (3)世帯主の預金通帳等振込先のわかるもの
 (4)医療機関等が発行する領収・明細書(直接支払制度利用の有無が記載されているもの)

葬祭費


国保に加入している人が死亡したときは、その葬儀を行った人に、5万円が支給されます。
 

申請に必要なもの

(1)国民健康保険証
(2)喪主の方の印鑑
(3)喪主の方名義の銀行通帳
(4)喪主の確認できるもの(会葬礼状、または、喪主の氏名が書かれた領収書

出産児が死亡した場合

 出産児が死亡した場合は、出産育児一時金・葬祭費が支給されます。

※出産育児一時金は、市役所1階 保険年金課にて受付けています。
※葬祭費は、市役所1階 保険年金課、渋谷分室にて受付けています。
※市役所各連絡所では取り扱っておりませんのでご注意下さい。

問い合わせ

市民経済部 保険年金課 保険給付担当 (本庁舎1F 案内図
電話:046-260-5115 
 

ページの先頭へ戻る