サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>国民健康保険>保険証>高齢受給者証とは(70歳以上75歳未満の方)

ここから本文です。

高齢受給者証とは(70歳以上75歳未満の方)

 国民健康保険の被保険者は70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の方はその月)から75歳になるまで、医療機関にかかるときに保険証とともに高齢受給者証が必要です。この高齢受給者証は患者負担割合を証するものですから、医療機関にかかるときには必ず保険証とともに提示してください。窓口での負担割合は、受給者証の表面に記載されている「一部負担金の割合」のとおりです。                          
                          

所得判定基準

判定基準

T

同一世帯全員が住民税非課税でその世帯の判定対象者の各所得が0円になること。
※公的年金の所得は控除額を80万円と計算します。

U

同一世帯全員が住民税非課税で低Tに該当しない。

低T、低U、一定以上に該当しない。

同一世帯の70歳から74歳の国民健康保険加入者の中に、課税所得145万円以上の人がいる場合。

(平成27年1月以降、新たに70歳になる国民健康保険加入者(昭和20年1月2日以降に生まれた方)が属する世帯で、70歳から74歳の国民健康保険加入者の旧ただし書所得(※1)の合計額が210万円以下である場合を除く。)


ただし、上記対象者の収入合計が
対象者複数:520万円
対象者一人:383万円(※2)
未満の場合、基準収入額適用申請により一般の区分になります。

 

※1 「旧ただし書所得」とは、前年の総所得金額と山林所得額、株式・土地・建物などの譲渡所得金額等の合計から、基礎控除額の33万円を控除した額です。(ただし、雑損失の繰越控除額は控除しません。)

※2 同じ世帯に国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した人がいる場合、その方の収入を含めて520万円未満となる世帯も基準収入額適用申請により一般の区分になります。


区分別の負担割合

低T、低U、一般 昭和19年4月1日以前に生まれた方=1割
昭和19年4月2日以後に生まれた方=2割
一定以上 3割

区分別の限度額

 区分  個人(外来)  世帯(外来+入院)
 低 T 8,000円 15,000円
 低 U 8,000円 24,600円
 一 般 12,000円 44,400円
 一 定
 以 上
44,000円 80,100円+〔医療費総額
−267,000円〕×1%
1年間で4回目からは
44,400円
                        

高齢受給者証の表記について

 
高齢受給者証の表示 一部負担金の割合
2割(特例措置により1割) 医療費の1割を負担します。
2割 医療費の2割を負担します。
3割 医療費の3割を負担します。

 

問い合わせ

市民経済部 保険年金課 保険給付担当 (本庁舎1F 案内図
電話:046-260-5115 
 

ページの先頭へ戻る