サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>助成・給付>70歳以上の方のみの高額療養費の計算例

ここから本文です。

70歳以上の方のみの高額療養費の計算例

 70歳以上・限度額区分は一般の夫婦2人世帯の例で計算してみましょう。
夫はA病院・B病院で外来1万円ずつ(医療費は5万円・2割負担の方とします)かかり、
妻はC病院で800,000円の医療費で入院費57,600円を負担(*窓口負担が限度額までのため)したと想定します。

まずは個人ごとに外来分を計算します

 今回は夫のみなので…A病院とB病院の自己負担額を合計して20,000円
そこから限度額の18,000円を引いて2,000円が高額療養費の外来支給額になります。
18,000円は負担した額になり、合算に用います。

次に世帯全体の外来分と入院分を合算します

 先ほどの夫の外来負担額の18,000円と妻の入院の自己負担額の57,600円を
合算します。世帯の合計負担額は75,600円になります。そこから世帯限度額の57,600円を
ひいた18,000円が世帯全体の支給額になります。
夫の外来分2,000円世帯全体の支給額の18,000円の合計である20,000円が
この世帯の高額療養費支給額になります。

問い合わせ

市民経済部 保険年金課 保険給付担当 (本庁舎1F 案内図
電話:046-260-5115 
このページに関するお問い合わせはこちら
 

ページの先頭へ戻る