サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>税金>国民健康保険税>非自発的失業者の方の国保税軽減について

ここから本文です。

非自発的失業者の方の国保税軽減について

倒産・解雇など会社都合により離職された方(特定受給資格者)や雇い止め・正当な理由のある自己都合などにより離職された方(特定理由離職者)は、国民健康保険税が軽減される場合があります。

 

(1)対象者

・雇用保険の特定受給資格者として失業給付を受ける方。(離職コード「11」「12」「21」「22」「31」「32」)

・雇用保険の特定理由離職者として失業給付を受ける方。(離職コード「23」「33」「34」)

※特例受給資格者と高年齢受給資格者については、軽減対象になりませんのでご注意ください。

※離職コードの内容については、公共職業安定所(ハローワーク)へお尋ねください。

 

(2)軽減額

国民健康保険税は、前年の所得などにより算定を行います。軽減は、前年の給与所得を30/100とみなして算定を行います。

 

(3)軽減期間

離職日の翌日から翌年度末までの期間です。

※雇用保険の失業給付を受ける期間とは異なります。

※国民健康保険に加入中は、途中で就職しても引続き対象となりますが、会社の社会保険に加入するなど国民健康保険を喪失すると終了します。

 

(4)届出(申告)に必要なもの

・国民健康保険証

・雇用保険受給資格者証

・印鑑

 

軽減を受けるには、保険年金課に届出(申告)が必要となります。

※雇用保険受給資格者証をお持ちでない方は、軽減の対象となりませんのでご注意ください。

問い合わせ

市民経済部 保険年金課 国保年金担当 (本庁舎1F 案内図
電話:046-260-5114

ページの先頭へ戻る