サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>障がい>制度について>重度障がい者住宅設備改良費の助成

ここから本文です。

重度障がい者住宅設備改良費の助成

内容

在宅重度障がい者の日常生活を容易にするため、既存住宅の浴室・便所・玄関・台所などの改良工事費用を最高80万円まで1人1回に限り助成します。
 

対象者

大和市にお住まいの方で(ア)〜(ウ)のいずれかに該当する方。

(ア)身体障害者手帳1級・2級の交付を受けている方

(イ)知能指数が35以下の方(療育手帳A1、A2)

(ウ)3級の身体障害者の交付を受け、知能指数が50以下の方(療育手帳A1、A2、B1)

 

手続き

改良工事を行う前に、市役所障がい福祉課まで申請書等を提出してください。

(介護保険の該当の有無、改修場所により、助成の対象とならない場合があるため、必ず事前に障がい福祉課へご相談ください。)

 

費用

収入に応じた費用負担があります。

階層区分

自己負担割合

第1階層

生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による被保護世帯

0

第2階層

第1階層には該当しない、市町村民税が非課税の世帯

0

第3階層

市民税課税世帯(所得割の額が160,000円未満の世帯に限る。)

3分の1

※世帯全員の市民税所得割の額が対象です。なお、前年分の市民税所得割の額が16万円以上の世帯は、助成の対象となりません。

申請時に必要なもの

・身体障害者手帳、療育手帳

・印鑑(認め可)

・工事計画書

・見積書

・生計を同一にしている方全員の所得を確認できる書類(市町村民税課税証明書など)

 

問い合わせ

健康福祉部 障がい福祉課
電話:046-260-5665 FAX:046-262-0999
住所:神奈川県大和市鶴間一丁目31番7号 (大和市保健福祉センター 5F 地図

ページの先頭へ戻る