サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>障がい>療育手帳について

ここから本文です。

療育手帳について

知的障がい者(児)に対して一貫した相談・指導を行ない、各種サービスを受けやすくすることを目的として交付されるものです。

対象者

18歳未満の場合は神奈川県中央児童相談所で知的障がいと判定された方。
18歳以上の場合は神奈川県立総合療育相談センターで知的障がいと判定された方。

*知的障がい者(児)とは

おおむね18歳未満までに発達の遅れなどがあり、知的な能力において身辺処理や社会生活への適応が困難な方。障がいの状況により次の4段階に区別されます。

障害程度

判定の基準

A1(最重度)

1 標準化された検査により判定した結果を指数化したもの(以下「指数」)が、おおむね20以下の方。

2 指数がおおむね21以上35以下の方で、身体障害者福祉法に基づく障害等級(以下「障害等級」)の1級、2級又は3級に該当する方。

A2(重度)

1 指数がおおむね21以上35以下の方で、上記A1に該当しない方。

2 指数がおおむね36以上50以下の方で、障害等級の1級、2級又は3級に該当する方。

B1(中度)

指数がおおむね36以上50以下の方で、上記A2に該当しない方。

B2(軽度)

1 指数がおおむね51以上の方。

2 指数が境界線級であって、かつ、自閉症の診断書があり、県内の児童相談所又は、県立総合療育相談センターの長が認めた方。

新規申請

■手続き
 大和市保健福祉センター5階障がい福祉課で受け付けます。
ただし、本人が18歳以上の方の場合、担当のケースワーカーの聞き取りが必要になりますので、事前にお電話でお問い合わせください。

■必要なもの
・本人の写真1枚(たて4cm よこ3cm 正面、脱帽、おおむね1年以内に撮影したもの)
・印鑑(認めも可)

再交付申請

再判定や紛失・破損、他県・横浜・川崎の手帳をお持ちで神奈川県の手帳の取得を希望される場合など。

■手続き
大和市保健福祉センター5階障がい福祉課で受け付けます。
ただし、本人が18歳以上の方の場合、担当のケースワーカーの聞き取りが必要になる場合がありますので、事前にお電話でお問い合わせください。

■必要なもの
・本人の写真1枚(たて4cm よこ3cm 正面、脱帽、おおむね1年以内に撮影したもの)
・印鑑(認めも可)
・療育手帳(紛失の場合は必要ありません)

*ただし、県外・横浜・川崎からの転入の方の場合、各種制度のお手続きのために書類が必要になる場合があるので、事前にお電話でお問い合わせください。

各種記載事項の変更

県内の転入や市内の住所変更、保護者の変更、他県・横浜・川崎の手帳をお持ちで神奈川県の手帳の取得を希望されない場合など

■手続き
大和市保健福祉センター5階障がい福祉課で受け付けます。

■必要なもの
・療育手帳
・印鑑(認めも可)

*ただし、県外・横浜・川崎からの転入の方の場合、各種制度のお手続きのために書類が必要になる場合があるので、事前にお電話でお問い合わせください。

その他

知的障害と判定されると、1〜2か月程度で療育手帳が交付されます。
封書で手帳が交付された旨をお知らせしますので、保健福祉センター5階障がい福祉課に取りにおいでください。

問い合わせ

健康福祉部 障がい福祉課
電話:046-260-5665 FAX:046-262-0999
住所:神奈川県大和市鶴間一丁目31番7号 (大和市保健福祉センター 5F 案内図

ページの先頭へ戻る