サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>健康・福祉>障がい>制度について>障害者総合支援法の対象となる難病について

ここから本文です。

障害者総合支援法の対象となる難病について

平成25年4月1日から障害者総合支援法が施行され、障害者の定義に難病患者が加わりました。
障害者自立支援法の内容が一部改正され、新たに「障害者総合支援法」(正式名称「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」)として平成25年4月1日に施行されました。

主な改正点

「障害者総合支援法」では、新たに難病患者の方も障害福祉サービスの対象となりました。対象疾病は、平成29年4月1日現在、358疾病です。対象となる方は、身体障害者手帳等の所持の有無に関わらず、必要と認められた支援(障害福祉サービス、地域生活支援事業、補装具等)が受けられるようになりました。

対象者

次の一覧表に記載のある疾患をお持ちの方。
対象疾病一覧表

手続き方法

対象疾病に罹患していることがわかる証明書(診断書または特定疾患医療受給者証等)を持参の上、大和市役所 障がい福祉課に支給を申請してください。
その後、障害支援区分の認定や支給認定等の手続きを経て、サービスを利用できることになります。サービスの内容や申請手続き等については、障がい福祉課までご相談ください。

問い合わせ

健康福祉部 障がい福祉課
電話:046-260-5665 FAX:046-262-0999
住所:神奈川県大和市鶴間一丁目31番7号 (大和市保健福祉センター 5F 地図

ページの先頭へ戻る