サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>障がい>税金の特別措置

ここから本文です。

税金の特別措置

1.所得税及び市民県民税の控除

内容

本人、配偶者、扶養家族が障害者である場合、所得税額の基礎となる所得から一定額が控除されます。 
 

対象者・控除金額

○対象者

■ 障害者控除

本人・配偶者・扶養家族が身体障害者手帳(3〜6級)、療育手帳(B1・B2)、精神障害者保健福祉手帳(2〜3級)をお持ちの方。

 ■ 特別障害者控除

本人・配偶者・扶養家族が身体障害者手帳(1〜2級)、療育手帳(A1・A2)、精神障害者保健福祉手帳(1級)をお持ちの方。

 ■ 同居特別障害者加算

本人・配偶者・扶養家族が身体障害者手帳(1〜2級)、療育手帳(A1・A2)、精神障害者保健福祉手帳(1級)をお持ちの方。

○控除金額

区分

所得税

県・市民税

障害者控除

27万円

26万円

特別障害者控除

40万円

30万円

同居特別障害者加算

35万円

23万円

※本人所得が125万円以下の時は非課税となります

 

窓口

●所得税について

大和税務署

〒242-8567大和市中央5-14-22

電話:046-262-9411

 (給与所得者の場合は勤務先の給与担当)

 

●県・市民税について

市役所市民税課

〒242-8601大和市下鶴間1-1-1

電話:046-260-5232

(給与所得者の場合は勤務先の給与担当)

 

2.個人事業税の軽減

内容・対象者

(1)重度の視覚障害者(失明又は両眼の視力の和が0.06以下の者)が行うあんま、はり等医業に類する事業を個人で行っている方は課税されません。

(2)身体障害者手帳(1級から4級まで)の交付を受けた者が個人で事業を行う場合、個人事業税が5,000円免除されます。

 

窓口

大和県税事務所

〒242-0021大和市中央5-1-4

電話:046-264-2811

 

3.相続税の障害者控除

内容

相続人が障害者である場合、相続税額から一定額が控除されます。

 

対象者・控除額

(1)障害者控除

身体障害者手帳(3級〜6級)、療育手帳(B1・B2)、精神障害者保健福祉手帳(2級〜3級)の交付を受けている方。

6万円×(70歳に達するまでの年数)

(2)特別障害者控除

身体障害者手帳(1級〜2級)、療育手帳(A1・A2)、精神障害者保健福祉手帳(1級)の交付を受けている方。

12万円×(70歳に達するまでの年数)

 

窓口

大和税務署

〒242-8567大和市中央5-14-22

電話:046-262-9411

 

問い合わせ

健康福祉部 障がい福祉課
電話:046-260-5665 FAX:046-262-0999
住所:神奈川県大和市鶴間一丁目31番7号 (大和市保健福祉センター 5F 案内図

ページの先頭へ戻る