サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>産業・市民活動>産業・仕事>事業者の方へ>大和市の計量

ここから本文です。

大和市の計量

 日常生活では、「はかる」ことがたくさんあります。その中で、水道、ガス、電気の使用料や肉や魚などの食料品の計量など、取引や証明に必要な計量が行われています。これらの計量が適正に行われるように計量法が定められています。
 大和市では計量が適正に行われるよう、「はかり」の定期検査や事業所への立入検査を実施しています。

はかりの定期検査

製造時に厳密に検査された計量器も、長い間使用していると狂いが生じてきます。
 そこで、商店で使うはかり、病院や学校・幼稚園・保育所等にある体重計、薬局で調剤に使うはかりなど、 商取引や証明行為に使う特定計量器は、その正確さを維持する為に、2年に1度の定期検査を受けることが計量法で義務付けられています。
※2年に1度の定期検査は、計量法第19条、同第21条、計量法施行令第11条に示されています。

 定期検査は、市内を二分割し次のとおり行っています。
28年度(偶数年度) 上草柳・桜森・下草柳・深見台・深見・大和東・大和南・中央・草柳・柳橋・福田・上和田・渋谷・代官・下和田
27年度(奇数年度) つきみ野・中央林間・中央林間西・下鶴間・林間・南林間・鶴間・西鶴間・深見東・深見西
平成28年度定期検査予定表
大型はかり(ひょう量500kg以上) 平成29年1月〜2月
小型はかり(ひょう量500kg未満) 平成28年10月
はかりの定期検査は、市の指定定期検査機関(公益社団法人 神奈川県計量協会)の計量士が、検査対象の事業所や店舗等に郵送でお知らせの上、巡回して行います。なお、検査には手数料が必要になり、250kgを超えるはかりについては別途特別費用が生じますのでお問い合わせください。また、円滑な定期検査を行うために、初めて受検を希望される方(事業所)、はかりを追加購入・廃棄等された方(事業所)は、その旨を市に連絡いただけますよう、ご協力をお願いします。定期検査に代わり事業者が直接、計量士に代検査を依頼した場合は、「定期検査に代わる計量士による検査を行った旨の届出書」を市に提出してください。
※指定定期検査機関とは、計量法の規定による技術的水準、経営基盤、公平公正性の要件を満たすとして、市が指定した定期検査実施機関です。

計量器の立入検査

スーパー、ガソリンスタンド、LPガスなどの事業所に立ち入り、計量器が正確か、検定の有効期間が切れていないかをチェックしています。

量目(目方)の検査

 計量法では、商品の目方を量る際の商品別に許される不足の範囲(量目公差)を定めています。商品が正しく計量されるように検査や指導をしています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

市民経済部 産業活性課 商業活性担当  (本庁舎1F  案内図
電話:046-260-5134 FAX:046-260-5138
お問合せはこちら

ページの先頭へ戻る