サイト表示切替
検索の仕方

ホーム市政情報選挙>選挙権年齢が18歳以上に

ここから本文です。

選挙権年齢が18歳以上に

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられました

平成27年6月に公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、選挙権年齢が満18歳以上に拡大されました。
選挙権年齢の拡大は昭和20年以来、約70年ぶりの改正で、大和市では18歳・19歳の新しい有権者が約4,300人誕生しました。
 
 
 
 

なぜ選挙権年齢を引き下げたのでしょう?

日本は、これまでどの国も経験したことのない「超少子高齢化」・「人口減少」の社会を迎えようとしており、国の借金も1,000兆円を超えています。
若いみなさんの将来は、それらの影響を強く受けることとなります。
この状況において、日本の未来を作り担う10代に選挙権を持っていただき、若いみなさんの声を、政治に取り入れていく必要があるからです。
 
18歳を迎え投票できるようになったら、大切な一票を無駄にしないよう投票に行きましょう。
 

若い人の低投票率が続いています

20歳代では、67%の方が棄権をしています。
逆に60歳代では、68%が投票をしています。
投票率が低いと、若い人に向けた政策の実現が難しくなったり、時間がかかる可能性があります。
 
■投票に行こう
初めての選挙、誰に投票するか迷うと思います。
「まだ政治や選挙のことが分かってないのに、投票をしてもいいの?」という質問を、若い方から受けることがあります。
あなたが、よく考えて選んだ候補者なら、それが間違いない選択です。
自信を持って、若者らしく堂々と投票してください。
 
 

投票の手順

投票は、原則として投票日当日に指定の投票所で行います。投票時間は朝7時から夜8時までです。
投票日当日に用事が場合は、期日前投票という制度があります。
期日前投票は、選挙の公示(告示)日の翌日から、投票日の前日までできます。大和市の期日前投票所は、大和市役所と渋谷学習センターの2箇所です。
 
↓【投票の手順:画像】公益財団法人明るい選挙推進協会HPより
 
1.受付
大和市では、選挙の際、投票所入場整理券を各世帯にお届けしています。封書形式で、1通につき4名分の入場整理券が同封されています(5人以上の世帯は2通以上届きます)。自分の分を切り取ってお持ちください。
※万一届かない場合や紛失した場合でも投票できますので、投票所で係員に申し出てください。
2.名簿対象係
選挙人名簿に登録されている本人かどうかの確認を受けます。
※運転免許証などの身分証は必要ありません。
3.投票用紙交付係
投票用紙をもらいます。
4.投票記載所
投票用紙に、決められた記載方法に従って候補者などを記入します。
5.投票箱
投票用紙を投函します。
 

選挙人名簿の登録制度が改正されました

選挙では、選挙権を有していても選挙人名簿に登録されていなければ投票できません。
また、登録要件を満たしていても登録のタイミング(登録基準日)前に転出してしまうと、新旧どちらの住所地の選挙人名簿にも登録されないケースがありました。
このような方を救済するために、選挙権年齢の引下げに併せて、登録制度も改正されました。
 
旧住所地に引き続き3ヵ月以上住んでいた場合には、旧住所地で投票ができるようになりました。詳しくは選挙管理委員会にお問い合わせください。
→不在者投票制度についてはこちら
 
 

問い合わせ

大和市 選挙管理委員会事務局
〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1 大和市役所(本庁舎5F 案内図
電話:046-260-5542
 

ページの先頭へ戻る