サイト表示切替

ホーム>林間都市計画

ここから本文です。

林間都市計画

昭和4(1929)年、小田原急行鉄道江ノ島線(小田急江ノ島線)が開通。これに伴い、市域に「中央林間都市」(現・中央林間)、「南林間都市」(現・南林間)、「鶴間」、「西大和」(現・大和)、高座渋谷の5駅が開業しました。

小田急創立者の利光鶴松は、鉄道建設と並行して沿線の都市開発にも乗り出します。市域では、現在の南林間と中央林間周辺の65万坪(約214.8ヘクタール)を住宅地として造成し、5千戸の住宅都市を建設するというものでした。住宅地の周辺には公園を配し、ゴルフ場、野球場、ラグビー場、テニスコートなどのスポーツ施設や集会所を設け、スポーツ施設が集中する中央林間都市駅と南林間都市駅の間の東地区は「スポーツ都市」と銘うって分譲されました。南林間都市の西地区には教育施設として大和学園(聖セシリア)が開校。このほか、松竹撮影所や相撲力士養成所などの誘致が計画されましたが、いずれも頓挫しています。1941(昭和16)年には駅名から「都市」が消え、「中央林間」「南林間」となりました(41年には西大和駅が大和駅に改称)。南林間の駅周辺は、現在も駅前広場を中心として通りが碁盤状にめぐり、当時をしのぶことができます。しかし、かつての林間都市の施設で現存するものは、相模カンツリー倶楽部と大和学園のみです。

<林間都市計画図>
 
参考文献:『大和市史3 通史編 近現代』

問い合わせ

文化スポーツ部 文化振興課(本庁舎2F 案内図
市史・文化財担当 電話:046-260-5225

ページの先頭へ戻る