サイト表示切替
検索の仕方

ホーム市政情報教育委員会>電子黒板が小学校にやってきた

ここから本文です。

電子黒板が小学校にやってきた

大和市では、平成23年1月末までに、全市立小学校のすべての普通教室に電子黒板を導入しました。

すでに設置されている50インチ地上デジタル波対応テレビに、電子黒板機能を付加し、さらにノートなどをテレビ画面に拡大提示できる実物投影機も併せて設置し、より分かりやすく魅力的な授業の展開を図っています。

電子黒板は、画面がタッチパネルとなり、コンピュータや実物投影機から取り込んだ画像に直接、文字や線を書くことができるなど、様々な授業に活用することができます。

例えば、国語ではデジタル教科書を使い、漢字の書き順を視覚的に繰り返し指導することができます。算数では、図形の面積の求め方をアニメーション機能により、分かりやすく説明できるようになります。その他の教科でも、さまざまな活用方法があります。

さらに、電子黒板は、教材提示だけでなく、子どもたちが学習成果を画面に映し出しながら、発表したりディスカッションしたりなど、コミュニケーション教育の推進に結びつきます。

電子黒板の導入は、子どもたちの学習意欲や集中力向上に大いに役立つものと期待しています。

 

問い合わせ

大和市役所教育委員会教育部指導室 (本庁舎2F 案内図
TEL:046−260−5210 
FAX:046−263−9832
お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る