サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>届出・証明書>戸籍・住民登録・印鑑登録>戸籍の届出>離婚の際に称していた氏を称する届について(戸籍法77条の2の届)

ここから本文です。

離婚の際に称していた氏を称する届について(戸籍法77条の2の届)

離婚届を出されると、婚姻の際に氏を変更した配偶者は、原則元の氏に戻ります。
婚姻中の氏をそのまま使用するためには別の届出(離婚の際に称していた氏を称する届出(戸籍法77条の2の届))が必要です。
 

届出について

届出期間・必要なもの

届出期間

離婚届と同時、または、離婚した日から3か月以内

※3ヶ月過ぎているときは、家庭裁判所の許可を得て「氏変更の届出」をすることになります。

届出人 離婚によって氏が旧姓に戻る方
届出地 1.届出人の本籍地
2.届出人の所在地
上記のいずれかの市区町村役場
届出に必要なもの

離婚届と同時に提出する場合(離婚届に必要なものの他に必要なもの)

1.届書1通
2.印鑑(届出人の印鑑)

離婚届とは別の日に提出する場合

1.届書1通
2.離婚後の全部事項証明書(戸籍謄本)1通(本籍地が大和市の方の分は不要)
3.通知カード又は個人番号カード(氏や住所が変わる方)
4.印鑑(届出人の印鑑)

 注1.「離婚の際に称していた氏を称する届」により、婚姻中の氏を使っている方が、婚姻前の旧姓に戻る場合は、家庭裁判所の許可が必要になります。

注2.「離婚届」とは別の日に、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出する場合は、一度旧姓の戸籍が作られます(又は婚姻前の戸籍に戻ります)。その後、「離婚の際に称していた氏を称する届」を出すことにより、新たに婚姻中に称していた氏の戸籍を作り、移動します。

 

 

受付時間・場所

場所 時間
大和市役所
(1階市民課)
月曜から土曜日8時30分〜17時
日曜日 8時30分〜12時30分
※上記時間外・祝祭日・年末年始は地下守衛室へご提出ください。
渋谷分室 月曜から金曜日の平日 8時30分〜17時
注1.平日の時間外や土曜日、日曜日、祝日にお持ちになった場合、届書の記入に不備がある時は、翌開庁日にお越しいただく場合があります。
注2.届出用紙は、市役所または連絡所等でお渡しできます。また、他の市区町村の届書でも受付できます。
 
 

問い合わせ

市民経済部 市民課 戸籍担当 (本庁舎1F 案内図

ページの先頭へ戻る