サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>届出・証明書>戸籍・住民登録・印鑑登録>がいこくじんのかたへ>外国人住民の方の住基ネットが運用開始されます

ここから本文です。

外国人住民の方の住基ネットが運用開始されます

2013年(平成25年)7月8日から、外国人住民の方についても住基ネット(住民基本台帳ネットワークシステム)の運用が開始され、住民票コードが付番されるようになります。

住民票コードを通知します

住民票コードは、住基ネットにおいて全国共通の本人確認を行うにあたって必要不可欠な無作為の11桁の番号です。世帯主の方あてに7月中旬頃、「住民票コード通知票」を郵送します。

住基ネットでできること

住民票の写しの広域交付

お住まいの市町村以外でも、本人又は同一世帯員の住民票の写しが請求できます。請求の際には、「在留カード」、「特別永住者証明書」、「住民基本台帳カード」等の官公署発行の顔写真付き本人確認書類の提示が必要です。

住民基本台帳カードの交付

住民基本台帳カードは、顔写真なし(Aタイプ)、または顔写真付(Bタイプ)のカードの2種類があり、希望する住民の方からの申請によって交付します。この住民基本台帳カードには、インターネットを利用した電子申請・電子申告などを安全に行うために使用する電子証明書(公的個人認証サービス)を記録することができます。また、Bタイプのカードは公的な顔写真付き本人確認書類として利用できます。
申請方法は、こちらのページをご参照ください。→ 住民基本台帳カードのページ

住基ネット・住基カードに関するリーフレット(総務省ホームページより)

問い合わせ

市民経済部 市民課 (本庁舎1F 案内図
電話:住民異動担当 046-260-5110 戸籍担当 046-260-5111 証明交付担当 046-260-5365
      

ページの先頭へ戻る