サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>届出・証明書>戸籍・住民登録・印鑑登録>引越しに伴う届出>転入転出手続きの特例

ここから本文です。

転入転出手続きの特例

「転入・転出の特例」とは、お客様が転出証明書を持ち運びすることなく転出・転入の手続きができるよう、住基ネットを利用した届出です。
転入手続時に住民基本台帳カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)を使うので、カードの暗証番号が分かっている方のみ届出できます。
また、この手続きは、住民基本台帳ネットワークシステムが運用している平日の9時〜17時までの届出となります。予めご了承ください。

 

【手続きの流れ】

1.【引越しする方】あらかじめ、お住まいの市役所に「転出届」を提出します。(郵送可)

2.【市役所】「転出届」の処理

3.【引越しする方】新しく住み始めた市役所で、住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)を利用して「転入届の特例」の手続きを行います。

※通常、「1」で取得し「3」で提出する「転出証明書」を省略することができます。

 

 

転出届の特例:住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)を使って市外への引越の手続きをする場合

「転出届の特例」ができる方

・住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方

・住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方と同一世帯で、一緒に転出する方

(注)新しい住所に住み始めてから14日を経過した場合は、通常の転出届をしてください。

届出期間

・新しい住所に住み始める日の14日前から、新しい住所に住み始めてから14日以内
(注)郵送された転出届を、引越し後14日過ぎに受理した場合は、転出証明書に準ずる証明書を郵送しますので、転出証明書を添えて通常の転入届をしてください。 
 

手続き方法

【窓口で手続きの場合】
月曜から金曜日の平日 9時〜17時に、記載台にそなえつけの異動届に記入のうえ、窓口にお出しください。
(窓口で「住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)を利用する転出届」の旨、お伝えください)
 
【郵送による手続きの場合】
「転出届」を郵送してください(申請書のダウンロードはこちらから→)
(注)平日の昼間(8:30〜17:00)に連絡のつく電話番号を必ず記入してください。
(注)届出人のご本人を確認できるものの写しを同封してください。
(注)国民健康保険、介護保険、児童手当等を受けている方は、別途窓口に来ていただく場合があります。詳しくは各担当課にお問い合わせください。
(注)転入先で住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)が必要ですので、「転出届」と一緒に送らないでください。
(注)郵送で「転出届」をした場合、「転入」ができるようになるまでに数日かかることがあります。
 
<郵送先>
〒242-8601 神奈川県大和市下鶴間一丁目1番1号
大和市役所市民課 住民異動担当 行き

(注)これらの事由にあてはまらない場合、市役所(又は渋谷分室)で転出証明書の交付を受けるか、転出証明書の郵送請求をし、通常の転出届をしてください。

 

転入届の特例:住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)を使って市外からの引越の手続きをする場合

「転入届の特例」ができる方

・住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちで、あらかじめ前住所地に「転出届の特例」を出された方。
・住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方と同一世帯で一緒に転出する方で、あらかじめ前住所地に「転出届の特例」を出された方。
(注)転入届の際、必ず住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)が必要になります。
 

届出期間

・新しい住所に住み始めてから(引越してから)14日以内
(注)引越し前の届出はできません。
 

手続き方法

月曜から金曜日の平日、9時〜17時に、住民基本台帳カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)を窓口までお持ちになってください。(郵送ではできません)
(窓口で「住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)を利用する転入届」の旨、お伝えください)
 

ご注意ください

(注)住基カード又はマイナンバーカード(個人番号カード)の有効期限が切れている又は一時停止・失効等により無効となっている場合は「転入届の特例」ができませんので
転出証明書を添えて通常の転入手続きをしてください。
 

問い合わせ

市民経済部 市民課 住民異動担当 (本庁舎1F 案内図

ページの先頭へ戻る