サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>接種証明について

ここから本文です。

接種証明について

新型コロナウイルスのワクチンを接種した方は、接種券に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」または、「新型コロナワクチン接種記録書」をもって、ワクチン接種の事実を示すことができます。
ここでは、接種済証を紛失された方、接種日に誤記載がある方等へ予防接種済証再交付のほか、海外渡航者向けの予防接種証明書(いわゆる「ワクチンパスポート」)についてご案内します。

予防接種証明書(ワクチンパスポート)

令和3年7月26日(月)から、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の交付申請を受け付けます。
※証明書は、海外渡航予定がある方へ交付します。
なお、ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
また、接種証明書を所持していないことで、海外への渡航ができなくなるわけではありません。

予防接種証明書(ワクチンパスポート)の詳細はこちら
 

予防接種済証の再交付

予防接種済証または接種記録書をお持ちの方は、どちらの書類もワクチン接種の事実を示す書類になるため、原則、申請の必要はございません。紛失してしまった方や、接種日に誤記載がある方等で予防接種済証が必要な方は、再交付のご申請をください。

予防接種済証の再交付の詳細はこちら

問い合わせ

健康福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種担当(保健福祉センター 案内図
新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:046-260-0900
受付時間:8:30〜17:15
※電話がつながりにくい場合がございます。

FAX番号:046-260-0917
※耳の不自由な方などのお問合せ用

このページに関するお問合せはこちら(電子申請)

※多数のお問合せが届いており、対応に時間を要しています。
順次対応しておりますが、ご返信を希望される場合は、しばらくお待ちください。

ページの先頭へ戻る