サイト表示切替

ホームくらしのガイド>健康・福祉>健康・医療>予防接種>追加接種(3回目接種)の概要

ここから本文です。

追加接種(3回目接種)の概要

追加接種(3回目接種)を行う期間は、令和3年12月1日から令和4年9月30日までの予定です。

追加接種(3回目接種)の流れはこちらをご覧ください。

接種の対象者

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下を全て満たす方全員です。 
  • 2回目接種を完了した日から、原則8か月以上経過した方
  • 18歳以上の方
  • 日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種が完了している方
 ※次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります
  1. 海外で2回接種した方
  2. 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  3. 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  4. 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

特に接種をお勧めする方

  • 高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」
  • 重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方」

接種ワクチンと接種対象年齢

1回目・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを使用します。

ファイザー社のワクチン:追加接種(3回目接種)で使用します。18歳以上の方が対象です。
※武田/モデルナ社のワクチンについては、追加接種(3回目接種)に向けての薬事承認審査中です。

妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方にとってもワクチン接種はメリットがあるため、接種をご検討ください。詳しくはQ&A(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

接種を受ける際の同意

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

  • 職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口はこちら
  • 人権相談に関する窓口はこちら
  • ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般の方向け)はこちら
  • 労働者の採用、配置、解雇等に関するQ&A(企業の方向け)はこちら
  • 経済団体等への協力依頼についてはこちら

問い合わせ

健康福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種担当(保健福祉センター 案内図
新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:046-260-0900
受付時間:8:30〜17:15
※電話がつながりにくい場合がございます。

FAX番号:046-260-0917
※耳の不自由な方などのお問合せ用

このページに関するお問合せはこちら(電子申請)

※多数のお問合せが届いており、対応に時間を要しています。
順次対応しておりますが、ご返信を希望される場合は、しばらくお待ちください。

ページの先頭へ戻る