サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>消防・救急>その他>119番通報について

ここから本文です。

119番通報について

119番通報の通報例

119番通報のしかた
1 まず心を落ち着かせダイヤル119してください
  固定電話と携帯電話の場合、固定電話の方が早く場所の確定ができます
2 指令員が「119番です、火事ですか?救急ですか?」と聞きます
  火事の場合「○○が燃えています」
    救急の場合「道路に人が倒れています」
3 出動させる住所を教えてください
  住所がわからない場合は
   大きな目標物(ビル・信号機・店舗など)を教えてください
   または、わかる人に電話を代わってください
4 何が燃えたのか、誰がどのような状況なのかを教えてください
    災害の状況や病人の意識・呼吸の有無、年齢、性別、人数などを聞きます

携帯電話からの119番通報

1. 自動車電話や携帯電話は、電波を受信する基地の関係から、災害が発生した場所を管轄する以外の消防機関に着信することがありますので、通報時には事故発生場所の市町名から伝えてください。
2. 運転者が自動車電話や携帯電話を使用する場合は、安全な場所に停車してハザードを点けてから通報 しましょう。
3. 場所(住所)や目標を確認してから通報しましょう。
   《居場所が説明できない場合》
     119番通報時、電柱に表示された管理番号で通報場所を特定することができます。
   電柱管理番号例  はこちら
      119番通報するときに、近くの電柱(東京電力が管理するもの)の 管理番号(地区名と数字)を伝えて下さい。
     消防担当員が電柱の管理番号から通報場所を特定します。
4. 電話番号を聞きますので、いつでも言えるようにして下さい。
5. 詳しい内容を聞くため、通信指令課からあなたの電話へかけ直すことがありますので、 電源は入れたままの状態にして下さい。

Net119緊急通報システムによる通報 【NEW】

消防本部では、聴覚障がい、音声・言語機能障がいをお持ちの方を対象とした新しい緊急通報システム『Net119緊急通報システム』を導入しました。
これは、スマートフォンなどから通報用Webサイトにアクセスして、「救急」または「火災」の大別と通報者の位置情報を入力すれば、即座に消防本部へ緊急通報が繋がり、消防職員とチャットで通報内容の詳細をやりとりできる仕組みとなっております。全国の消防本部(局)では、同様のシステムの導入を進めており、従来の緊急通報手段に加え、聴覚障がい、音声・言語機能障がいをお持ちの方が、より円滑に緊急通報を行うことが可能となりました。



詳細内容はこちら
 

Eメールによる119番通報

Eメールによる119番通報を平成16年5月15日から運用開始しました。
市内に在住、在勤、在学で、聴覚、言語にご不自由があり音声による119番通報が困難の方で、Eメールを送信可能な携帯電話、パソコンをお持ちの方が対象となります。利用するには対象者の登録や注意事項があります。詳しくは消防本部指令課へお問い合わせください。
なお、スマートフォン等をお持ちの方につきましては、Net119のご利用もご検討ください。
Net119についてはこちらをクリック

ファクシミリによる119番通報

市内にお住まいの方で、聴覚、言語にご不自由のある方は、ファクシミリで119番通報をすることができます。
通報する際は、FAX用紙に内容を記入したうえで119に送信してください。
通報用のFAX用紙はこちらから(Wordファイル)(PDFファイル)
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

消防本部 指令課 (消防本部3階 案内図
電話:046-260-5772 FAX:046-264-8327

ページの先頭へ戻る