サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>税金>市・県民税>生命保険料控除

ここから本文です。

生命保険料控除

 平成25年度の市・県民税から生命保険料控除が以下のとおり変更になります。 

改正の概要

  平成24年度までの生命保険料控除は、「一般の生命保険料控除」及び「個人年金保険料控除」の2種類に分けられており、それぞれ適用限度額が35,000円【50,000円】ずつ(合計適用限度額は70,000円【100,000円】)となっていました。

 今回の改正で、平成24年1月1日以降締結分の生命保険契約等については、新たに「介護医療保険料控除」(介護保障又は医療保障を内容とする主契約又は特約に係る支払保険料等についての控除)が別枠で設けられ、3種類に分けられます。適用限度額はそれぞれ28,000円【40,000円】ですが、合計適用限度額は70,000円【120,000円】となります。
※【 】内は所得税の控除額です

計算式

<新契約>平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る控除

一般の生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除の各控除額はそれぞれ次のとおり計算します。

<表1>

年間の支払保険料の金額

 生命保険料控除額

12,000円以下
【20,000円以下】

支払保険料の金額

12,001円 〜 32,000円
【20,001円 〜 40,000円】

支払保険料の金額×2分の1+6,000円
【支払保険料の金額×2分の1+10,000円】

32,001円 〜  56,000円
【40,001円 〜 80,000円】

支払保険料の金額×4分の1+14,000円
【支払保険料の金額×4分の1+20,000円】

56,001円以上
【80,001円以上】

一律28,000円
【一律40,000円】

※【 】内は所得税の控除額です
 

<旧契約>平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る控除

平成23年12月31日以前に締結した保険契約等については、従前の一般生命保険料控除及び個人年金保険料控除(それぞれ適用限度額は3.5万円【5.0万円】)が適用されます。

一般の生命保険料控除、個人年金保険料控除の控除額は次のとおり計算します。

<表2>

年間の支払保険料の金額

生命保険料控除額

15,000円以下
【25,000円以下】

支払保険料の金額

15,001円 〜 40,000円
【25,001円 〜 50,000円】

支払保険料の金額×2分の1+7,500円
【支払保険料の金額×2分の1+12,500円】

40,001円 〜 70,000円
【50,001円 〜 100,000円】

支払保険料の金額×4分の1+17,500円
【支払保険料の金額×4分の1+25,000円】

70,001円以上
【100,001円以上】

一律35,000円
【一律50,000円】

※【 】内は所得税の控除額です
 

新契約と旧契約の両方を契約している場合

 新契約と旧契約の双方を契約している場合は、新契約か旧契約、または新契約と旧契約の合計(上限)2.8万円【4.0万円】の中で、もっとも有利な計算方法を適用します。

<表3>

適用する生命保険料控除

控除額

新契約のみの場合

<表1>で計算した控除額

旧契約のみの場合

<表2>で計算した控除額

新契約と旧契約の両方がある場合

<表1>で計算した新契約の控除額と、
<表2>で計算した旧契約の控除額の合計額
(最高28,000円【40,000円】)

※【 】内は所得税の控除額です
 

生命保険料控除の適用を受けるための手続

 生命保険料控除を受ける場合には、申告書の生命保険料控除の欄に記入するほか、支払金額や控除を受けられることを証明する書類(コピー不可)を申告書に添付するか、申告書を提出する際に提示してください。ただし、平成23年12月31日以前に締結した保険契約(旧契約)等で年間保険料が9千円以下のものと年末調整の際に控除を受けたものについては、証明する書類は不要です。

 

問い合わせ

総務部 市民税課 個人市民税第1担当・第2担当 (本庁舎2F 案内図
電話:046-260-5232〜5234
受付時間:8:30〜17:00
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る