サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>税金>市・県民税>亡くなられた方の市・県民税の手続きについて

ここから本文です。

亡くなられた方の市・県民税の手続きについて

 市・県民税は1月1日現在の住所地にて、前年中(1月1日〜12月31日)に一定額の所得があった方に課税されます。そのため1月2日以降に亡くなられた場合であっても、前年中の所得金額に応じて市・県民税が課税されることになります。この場合、納税義務者に代わって相続人に納税義務が承継されます。詳しくは次の通りです。

相続人代表者の届出

 納税義務者が亡くなられた後に、納めていただく市・県民税がある場合は相続人に納めていただくことになります。次にあてはまる場合は、賦課徴収及び還付に関する書類を受領していただく相続人代表者の届出が必要です。「相続人代表者届出書」を市民税課へご提出ください。
 1.市・県民税を年金から天引きされていた方が亡くなられた場合
 2.市・県民税を給与から天引きされていた方が亡くなられた場合
 「相続人代表者届出書」とは、市・県民税の納税義務者が亡くなられた後に被相続人(亡くなられた方)の市・県民税に係る賦課徴収及び還付に関する書類を受領していただく方を指定するために使用します。
 ◆相続人代表者届出書
 ◆相続人代表者届出書記入例

 ●市・県民税を年金から天引きされていた方が亡くなられた場合
 市・県民税を年金から天引き(公的年金からの特別徴収)されていた方が亡くなられた場合は、未徴収の市・県民税を個人で納付する方法(普通徴収)へ切り替わり、相続人に納めていただくことになります。
 年の途中で亡くなられ、年金天引きから個人納付*に切り替わる場合の手順はこちらをご覧ください。
 ●市・県民税を給与から天引きされていた方が亡くなられた場合
 市・県民税を給与天引き(特別徴収)されていた方が亡くなられた場合は、未徴収の市・県民税を個人で納付する方法(普通徴収)へ切り替わり、相続人に納めていただくことになります。
 年の途中で亡くなられ、給与天引きから個人納付*に切り替わる場合の手順はこちらをご覧ください。
 *個人納付(普通徴収)とは、6月、8月、10月、翌年1月の4回の納期に、個人(納付書又は口座振替)で納めていただく方法です。

市が相続人代表者を指定する場合

 相当の期間内までに相続人代表者届出書をご提出いただけない場合は、市が相続人代表者を指定することがあります。

相続を放棄された場合

 納税義務者が亡くなられた後、相続人が相続放棄をした場合、その納税義務は承継されません。家庭裁判所が発行する「相続放棄申述受理通知書」の写し等をご提出ください。

口座登録していた方が亡くなられた場合

 市・県民税の納付を口座振替にしている場合、納税義務者が亡くなられると口座の閉鎖等により以後の口座振替ができなくなります。詳しくは収納課へお問い合わせください。
●相続人代表者に関するお問い合わせ
 総務部 市民税課 個人市民税第1担当・第2担当
 電話:046-260-5232〜5234(直通)
●口座に関するお問い合わせ
 総務部 収納課 税制管理担当
 電話:046-260-5240・5246

問い合わせ

総務部 市民税課 個人市民税第1担当・第2担当 (本庁舎2F 案内図
電話:046-260-5232〜5234
受付時間:8:30〜17:00
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る