サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>税金>市・県民税>就職時に必要な市・県民税手続きについて

ここから本文です。

就職時に必要な市・県民税手続きについて

 就職等により、当年度の市・県民税を給与天引き(特別徴収)に変更する場合は、勤務先へ手続きが必要となることがあります。
就職時に必要な手続きは、勤務先が行います。納税者個人の方が、市役所へ手続きをする必要はありません!!

就職したとき(新卒者等、前年に所得が無かった方)

 市・県民税は前年中に所得が無かった方(初めて就職した方など)は今年度の市・県民税は課税されません。翌年6月から市・県民税が毎月の給与から天引きされ、会社を通じて納めていただくことになります。(特別徴収)
※ 市・県民税は1月1日現在の住所地にて、前年(1月1日〜12月31日)に一定の所得があった方に課税されます.。

再就職したとき(当年度の市・県民税が課税されている方)

 年の途中で再就職したときは、再就職先の会社より「特別徴収への切替申請書」を提出していただくことで、納付方法を個人納付(普通徴収)から給与天引き(特別徴収)に切り替えることができます。ただし、納期限を過ぎた個人納付分は、給与天引きに切り替えることができません。個人納付から給与天引きに切り替える場合の手順は、こちらをご覧ください。また、手続きの方法等につきましては、勤務先の給与担当者へお尋ねください。

問い合わせ

総務部 市民税課 個人市民税第1担当・第2担当 (本庁舎2F 案内図
電話:046-260-5232〜5234
受付時間:8:30〜17:00
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る