サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>税金>その他の市税>軽自動車税

ここから本文です。

軽自動車税

軽自動車税は、毎年4月1日現在、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車(これらを軽自動車等とよびます)を所有する方に、主たる定置場が所在する市町村で課税されるものです。年度途中で名義変更や廃車をしても、月割りなどで税の還付はありません。

≪税率≫

【原動機付自転車・小型二輪等】

区分

税率(年額)

現 行

(平成27年度分)

改正後

.(平成28年度分以降) 

二輪

原動機付自転車

50CC以下

1,000円

2,000

50CC超〜90CC以下

1,200円

2,000

90CC超〜125CC以下

1,600円

2,400

ミニカー

2,500円

3,700

軽二輪(125CC超〜250CC以下)

2,400円

3,600

小型二輪(250CC超)

4,000円

6,000

被けん引車

2,400円

3,600

小型特殊

農耕作業用

1,000円

2,000

その他(フォークリフト等)

4,700円

5,900

【三輪又は四輪の軽自動車】

区分

標準税率(年額)

重課税率(年額)

平成27年3月31日まで

に登録した車両

(注1)

平成27年4月1日以降に

新車新規登録した車両

新車新規登録から

13年以上経過した車両(注2)

四輪

以上

乗用

自家用

7,200円

10,800

12,900

営業用

5,500円

6,900

8,200

貨物用

自家用

4,000円

5,000

6,000

営業用

3,000円

3,800

4,500

三輪

3,100円

3,900

4,600

(注1)  平成27年3月31日までに登録した車両は、新車新規登録(自動車検査証の「初度検査年月」を確認してください。)から13年以上経過するまでは、従前の税率がそのまま据え置かれます。詳しくはページ下部の「初度検査年月の確認方法」をご参照ください。

(注2) 環境負荷の大きい車両は、グリーン化を進める観点から最初の新規登録から13年を経過した車両については、平成28年度分から標準税率(年額)の概ね20%重い重課の導入がされます。

但し、電気自動車やガソリンハイブリッド車、天然ガス車等は対象外です。

≪グリーン化特例(軽課税率)≫

平成28年4月1日から平成29年3月31日までに最初の新規検査(初度検査)を受けた三輪及び四輪の軽自動車(新車に限る)で、次の基準を満たす車両について、平成29年度分に限り軽自動車税が軽減されます。

電気自動車及び天然ガス自動車

車 種 区 分

税率

三輪

1,000円

四輪以上

乗用

営業用

1,800円

自家用

2,700円

貨物用

営業用

1,000円

自家用

1,300円

★★★★かつ32年度燃費基準+20%達成車

(貨物用については、★★★★かつ27年度燃費基準+35%達成車)

車 種 区 分

税率

三輪

2,000円

四輪以上

乗用

営業用

3,500円

自家用

5,400円

貨物用

営業用

1,900円

自家用

2,500円

★★★★かつ32年度燃費基準達成車

(貨物用については、★★★★かつ27年度燃費基準+15%達成車)

車 種 区 分

税率

三輪

3,000円

四輪以上

乗用

営業用

5,200円

自家用

8,100円

貨物用

営業用

2,900円

自家用

3,800円

※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

問い合わせ

総務部 市民税課 諸税担当 (本庁舎2F 案内図
電話:046-260-5231(直通) FAX:046-264-6093
受付時間:8:30〜17:00

このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る