サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>税金>市・県民税の申告>所得税の確定申告は大和税務署へ

ここから本文です。

所得税の確定申告は大和税務署へ

 確定申告とは、前年の1月1日から12月31日までの1年間に、個人が得た所得から所得税の額を計算し、申告期限までに申告書を税務署に提出して、源泉徴収された税額など、その過不足を精算する手続きです。
【申告期間】 平成29年分の申告は、平成30年2月16日(金)から3月15日(木)まで
※給与等から源泉徴収された所得税額の還付を受けるための「還付申告」は、確定申告期間とは関係なく、その年の翌年1月1日から5年間提出することができます。詳細は大和税務署(電話:046‐262‐9411)にご確認ください。

申告について

確定申告をしなければならない方の例

  • 給与を1ヶ所から受けていて、給与と退職所得以外の所得金額が20万円を超える方
    給与を2ヶ所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える方
  • 土地・建物・株などの資産を売却した方
  • 事業所得や不動産所得などがある方で所得金額の合計額が所得控除の合計額よりも多い方 など

公的年金等の収入金額が400万円以下の方

 公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつその年分の公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、確定申告の必要はありません。
※ただし、所得税の還付を受けるためには、確定申告書を提出する必要があります。
※平成27年分以降の所得税については、源泉徴収の対象とならない公的年金等(外国で支払われる年金)を受給している場合、この確定申告不要制度には該当せず、確定申告書の提出が必要となります。
※所得税の確定申告の必要がない場合であっても、市・県民税(個人住民税)の申告が必要な場合があります。
★★詳しくはこちらをご覧ください。★★

還付を受けるための確定申告(還付申告)

 給与や公的年金等から源泉徴収された所得税が納めすぎになっている場合は、確定申告(還付申告)をすることで所得税が還付されます。

還付を受けられる可能性のある方の例

  • 年金から所得税が源泉徴収されていて、所得税が納め過ぎになっている方
  • 前年中に会社を退職し、年末調整を受けずに所得税が納め過ぎになっている方
  • パートやアルバイト先で年末調整を受けず、所得税が納め過ぎになっている方
  • 会社で年末調整を受けた方で、医療費控除などの年末調整で申告できない控除を申告する方
  • 住宅ローンを使ってマイホームを購入した方で、会社で年末調整をしなかった方 など

申告相談、申告書の作成

所得税の確定申告は、大和税務署へ

 所得税の確定申告の申告相談、申告書の作成は、大和税務署で行ってください。申告できる場所、期間などは次のとおりです。
 大和税務署以外の場所でも申告できる日がありますので、ご利用ください。
 確定申告についてのご不明な点や、申告時の必要書類等については、大和税務署(電話:046−262-9411)へお問い合わせください。
種別 申告期間 時間 申告場所 申告できる内容など
確定申告
還付申告
平成30年2月16日(金)〜3月15日(木)
(土日は除く)

9:00〜17:00
※8:30受付開始


※会場が混雑する際は受付を早めに終了する場合があります。

大和税務署

大和市中央
5-14-22

※お車での来署はご遠慮ください。
◆還付申告
平成29年分の還付申告は、平成30年1月1日から5年間申告することができます。

◆確定申告
土日の受付はありませんが、平成30年2月18日(日)・25日(日)のみ受付しています。

※必要な資料、印鑑のほか、マイナンバーにかかる本人確認書類の提示または写しの添付が必要です。
税理士による無料申告相談 平成30年1月31日(水)〜2月2日(金) 9:00〜12:00
13:00〜15:30
※8:30受付開始

※会場が混雑する際は受付を早めに終了する場合があります。
大和商工会議所2階

大和市中央
5-1-4

※お車での来場はご遠慮ください。
  なお、駐車場は有料です。ご注意ください。
◆税理士による無料申告相談
・申告相談、申告書作成及び提出ができます。
・譲渡所得(不動産・株式など)、住宅借入金等特別控除の1年目、贈与税の申告、内容が複雑で時間を要する申告はご遠慮ください。

※必要な資料、印鑑、マイナンバーにかかる本人確認書類の写しのほか、前年分の申告書の控えなどをお持ちください。

大和市役所でできる確定申告のご案内

 給与収入と年金収入(公的年金等)のみの方は、大和市役所でも確定申告書を作成・提出することができます。
※混雑時は受付を早めに締め切る場合があります。
【申告受付スケジュール】
申告場所 申告期間 時間 備考
大和市役所
会議室棟1階
平成30年
2月16日(金)〜3月15日(木)
(土日は除く)
8:30〜16:00
※受付は15:30まで
※提出のみの方は17:00まで受付します。

土日の受付はありませんが、2月18日(日)、2月25日(日)のみ、8:30〜11:00まで申告・相談の受付を行います。
※提出のみの方は12:30まで受付します。



★ 給与収入と年金(公的年金等)収入の他に収入がある方は、大和市役所では受付することができません。大和税務署での申告をお願いします。
【大和市役所で受付できない申告】
× 事業(営業)所得の申告 × 不動産所得の申告 × 雑所得の申告(公的年金等以外)
× 配当、利子所得の申告 × 譲渡、一時所得の申告 × 亡くなられた方の申告(準確定申告)
× 過去の年分の申告 × 源泉徴収票のない方の申告 × 住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の申告
× 損失の確定申告 × 分離課税の所得の確定申告 × 相続税、贈与税、消費税など所得税以外の国税の申告
【受付できない申告の具体例】
× 自営業の方 × 原稿料や出演料の支払いを受けた方 × 個人年金の支払いを受けた方
× 株の配当を受けた方 × 外国預金利子のあった方 × 土地や建物、株などの資産を売却した方
× 生命保険の満期金の支払いを受けた方 × 投資信託やFX、先物取引があった方 × 賃貸アパートを経営している方
× 昨年家を建てて、住宅借入金等特別控除の適用を受けたい方

ご自宅でも確定申告書が作れます!

 国税庁ホームページの「確定申告書作成コーナー」で、確定申告書の作成ができます。
⇒ 作成した申告書をプリントアウトすると、そのまま税務署に提出できます。
⇒ e-Taxを利用すると、ご自宅から税務署にインターネットで申告内容を送信できます。
 詳しくは、国税庁ホームページをご覧ください。
☆e-Taxを利用する場合は公的個人認証サービスの電子証明(マイナンバーカード(個人番号カード)または、住民基本台帳カード)と、ICカードリーダライタの取得が必要です。公的個人認証サービスについてはこちら
※住民基本台帳カードに格納された電子証明書は、マイナンバー制度の導入に伴い更新ができなくなりました。住民基本台帳カードに格納された電子証明書の有効期間経過後は、電子証明書を利用するためには、マイナンバーカードへの切替え手続きが必要です。
※マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カードについては大和市役所市民課証明交付担当(電話:046-260-5365)にお問い合わせください。

問い合わせ

総務部 市民税課 個人市民税第1担当・第2担当 (本庁舎2F 案内図
電話:046-260-5232〜5234
受付時間:8:30〜17:00
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る