サイト表示切替

ホームくらしのガイド>税金・健康保険>税金>税金を納める>徴収の猶予、換価の猶予の申請手続

ここから本文です。

徴収の猶予、換価の猶予の申請手続

徴収猶予、換価の猶予の申請の際には、以下の書類の提出が必要となります。 提出された書類に不備があった場合には、補正をお願いすることがあります。

提出する書類

・ 徴収の猶予の場合
 (1) 徴収の猶予申請書
 (2) 災害など、徴収の猶予該当事実を証する書類
 (3) 資産(財産目録)、負債の状況、前1年間の収入、支出の実績と今後の収入、支出の見込みを明らかにする書類
 (4) 担保の提供に関する書類
・ 換価の猶予の場合
 (1) 換価の猶予申請書
 (2) 換価の猶予該当事実を証する書類
 (3) 資産(財産目録)、負債の状況、前1年間の収入、支出の実績と今後の収入、支出の見込みを明らかにする書類
 (4) 担保の提供に関する書類
※ それぞれ(1)の申請書は収納課に備え付けてあります。その他の書類については任意の書式でご用意ください。ご不明な点は収納課までお問い合わせください。

猶予の許可又は不許可

提出された書類の内容を審査した後、猶予の許可又は不許可を通知します。

担保の提供

猶予の申請をする場合は、原則として、猶予を受けようとする金額に相当する担保(土地、建物など)を提供する必要があります。
ただし、猶予を受けようとする金額が100万円以下、または猶予を受けようとする期間が3ヶ月以内の場合は不要です。

猶予期間

猶予を受けることができる期間は、1年の範囲内で、申請者の財産や収支の状況に応じて、最も早く市税等を完納することができると認められる期間に限られます。
※ 猶予期間内に完納することができないやむを得ない理由があると認められる場合は、申請することにより、猶予期間の延長が認められる場合があります(当初の猶予期間と合わせて最長2年)。

問い合わせ

総務部 収納課 収納担当 (本庁舎2F 案内図
電話:046-260-5241・5242
このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る