サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>資源・ごみ>その他>ごみのカラス対策

ここから本文です。

ごみのカラス対策

カラスにごみを荒らされてしまう・・・
こうした場合、生ごみの出し方を工夫すれば、ある程度解消できます。
カラス対策として、次のような方法があります。
(1)生ごみが外から見えないように、新聞紙などで包み、有料指定ごみ袋に入れる。
(2)ネット、コンテナ、かご等をかぶせる。(中に有料指定ごみ袋が見えるものを使用してください)
(3)ごみ袋は、直接地面に置かずに台などの上に置き、カラスが直接触れることができないようにする。
(1)新聞紙の上に生ごみを置く
新聞紙で生ごみを包む
(2)ごみ袋にネットをかぶせる。
ごみ袋にコンテナをかぶせる。
ごみ袋にカゴをかぶせる。
(3)台の上にごみ袋を置きネットをかぶせる。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

環境農政部 収集業務課  (大和市環境管理センター1F 案内図
電話 収集担当 046-269-1511    FAX 046-268-6715

ページの先頭へ戻る