サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>資源・ごみ>資源(リサイクル)>使用済小型家電のリサイクルについて

ここから本文です。

使用済小型家電のリサイクルについて

<TOPIX> 東京2020組織委員会が主催する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参加しています! 

 東京2020組織委員会が主催する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」とは、2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会で使用する約5,000個の入賞メダルを、全国各地から集めた小型家電に含まれる有用金属で作る国民参加型のプロジェクトです。

 本市ではすでに使用済小型家電のリサイクル事業を実施しておりますが、同プロジェクトに参加することで、2020年以降も持続可能なリサイクルの促進につながることを期待しています。

 同プロジェクトへは、ご家庭で不要になった小型家電を市内16か所に設置している小型家電回収ボックスへ投入していただくことで自動的に参加となるため、特別な手続きは必要ありません。是非、ご参加ください。(なお、同プロジェクトの詳細は、「こちら」をご覧ください。)

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 携帯電話やPHS、デジタルカメラなどの使用済小型家電には、金や銅、レアメタルなどの貴重な有用金属が含まれています。国はこの有用金属を適正に資源化するため、「小型家電リサイクル法(使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)」を施行しました。

 大和市は、環境省の平成25年度「小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業」(市町村提案型)を活用し、平成25年11月からご家庭で不用となった小型家電を回収し、有用金属を再資源化する「使用済小型家電リサイクル事業」に取組んでいます。実証事業は平成26年3月で終了しましたが、平成26年4月からは回収ボックスを2箇所増設し、また、不燃ごみの中からも使用済小型家電をピックアップ回収し、再資源化を行っていますので市民の皆様のご協力をお願いします。

 
※小型家電リサイクル法については、こちら(環境省「法律の概要」)。
※小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業については、こちら

回収する方法

使用済小型家電回収ボックス
ご家庭で不用となった小型家電の中で、大和市が回収する指定品目がありましたら、お近くの「使用済小型家電回収ボックス」に投入してください。
回収ボックスに投入された小型家電は定期的に収集し、法に基づいて再資源化します。 
大和市回収指定品目、回収ボックス設置場所、投入する上での注意点については下記のとおりです。

回収指定品目

大和市が回収する「指定品目」は、次のとおりです。

1.携帯電話等、2.携帯型音響機器、3.ゲーム機(携帯型・据置型)、4.携帯ビデオカメラ、5.デジタルカメラ、6.卓上電話機、7.ICレコーダー、8.電子辞書、9.携帯ラジオ、10.電動歯ブラシ、11.電気シェーバー、12.電卓、13.付属品(ACアダプタ・充電器・リモコン)です。ただし、回収ボックスの投入口(約15cm×30cm)に入るもの。

「大和市が回収する使用済小型家電指定品目」(PDF)

回収ボックス設置場所

施設をクリックすると、地図情報サービスへリンクします。
  回収BOX設置施設 所在地
1 市役所本庁舎 下鶴間1-1-1
2 桜ヶ丘連絡所 福田5511-1
3 渋谷分室(高座渋谷IKOZA1階) 福田2021-2
4 保健福祉センター 鶴間1-31-7
5 つきみ野学習センター つきみ野5-3-5
6 林間学習センター 林間2-6-18
7 桜丘学習センター(※1) 福田1-30-1
8 青少年センター 中央1-5-14
9 環境管理センター 草柳3-12-1
10 大和市資源選別所 上草柳563-11
11 ぷらっと中央林間 中央林間3-11-20
12 しらかしのいえ(泉の森内) 上草柳1728
13 大和スポーツセンター 上草柳1-1-1
14 ぷらっと高座渋谷 福田2021-2
15 大和商工会議所 中央5-1-4
16 イオン大和鶴間店(※2) 下鶴間1-2-1

※1:桜丘学習センターは、改修工事期間中(平成29年9月1日から平成30年3月31日)利用できません。
※2:イオン大和鶴間店は、3階「生活家電売り場」になります。「使用済小型家電受け取り場所」という案内表示のあるカウンターまでお持ちください。

投入する上での注意点

使用済小型家電を回収BOXに投入する際の注意点。
1 個人情報は必ず消去してから投入して下さい。
2 電池類、メモリーカードは取りはずしてから投入して下さい。
3 取はずしのできない充電式の電池類は、放電してから投入して下さい。
4 取りはずした電池類はBOXへ投入しないで、別に処理して下さい。
5 指定した品目以外の小型家電を投入しないで下さい。
6 投入口に入らない場合は無理に入れないで下さい。投入口のサイズは約15cm×30cmです。
7 一度回収ボックスへ入れた小型家電は取り出すことはできません。
 
※電池の出し方(処理方法)
1 乾電池は、燃やせない(不燃)ごみの日に、「有害物が含まれるもの(無料)」として、透明・半透明(レジ袋可)の袋で出して下さい。
  燃やせない(不燃)ごみの出し方(乾電池は最下欄です)はこちら
2 ボタン電池、充電式電池はできるだけ店頭回収協力店へ出して下さい。
  ボタン電池(リチウムコイン電池を除く)の回収については、一般社団法人電池工業会ボタン電池回収推進センター(外部リンク)。
  充電式電池(ニカド・ニッケル水素・リチウムイオン電池)の回収については、一般社団法人JBRC(外部リンク)。
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

環境農政部 収集業務課  (大和市環境管理センター1F 案内図
電話 資源循環担当 046-269-7343

ページの先頭へ戻る