サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>資源・ごみ>家庭系ごみ>燃やせない(不燃)ごみ

ここから本文です。

燃やせない(不燃)ごみ

ごみは有料指定ごみ袋に入れ、袋の口を結んでください。

収集日(祝日も収集します。)に、戸建ては道路に面した敷地内、集合住宅は決められた場所に出してください。

ごみ出し時間の原則は、午前8時までです。収集時間に合わせて出すときは早めに出してください。

このページに関する「資源とごみの分け方・出し方」パンフレット(PDF版)は、資源とごみの分け方出し方パンフレット及びカレンダーダウンロードからダウンロードできます。

(注意点)

40リットルの有料指定ごみ袋に入らないものは粗大ごみですが、例外品がありますので、「指定品目」を参照してください。

有料指定ごみ袋に入らないものでも、切ったり、割ったりして有料袋に入り、袋の口を結ぶことができれば有料袋で出せます。

代表的な例(有料指定ごみ袋に入れて出す。)

(代表的な例)

ガラス・陶器類

食器、クリスタルガラス、陶器、乳白色のびん(資源にはならない。)、汚れたびんなど

金属類

小さな金属片、缶詰のふたなど(なべ、フライパン、やかんなどは資源回収品目)

その他

電気製品など(電池、蛍光灯ははずす。)

(注意点)
包丁、はさみ、鏡、割れたガラス・びんなどは、事故防止のために、紙などに包んで中身がわかるように品名を書く。 
 
ガスが入ったままの使い捨てライター(例外品参照)・カートリッジ型のボンベ、石油が入ったままのストーブから、ガス・灯油が漏れ、収集時に、金属がこすれたときに発生する火花が引火して、収集車の火災事故が発生しています。必ず、石油・ガスを抜いてからごみとして出してください。

燃やせない(不燃)ごみの代表例

有料指定ごみ袋に入れば、燃やせないごみとして出せるもの

ストーブや中型の電気製品は、有料指定ごみ袋に入れば、燃やせないごみとして出せる。

(例)ストーブ、ファンヒーター、ミシン、オーブントースターなど

(出し方)

ストーブ、ファンヒーターなどの灯油・電池は必ず抜く。

※ストーブ、ファンヒーターで、排ガスを煙突などで外に逃がすようなタイプは、建具になるので、専門業者に処理を依頼する。

(注意点)

テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機、パソコン、オートバイは法律により市では収集できない。

処理困難物は、専門の処理業者でなければ処理できない。

オイルヒーター・除湿機・冷風機は、大きさにかかわりなく「粗大ごみ」として収集を申し込む。

(例)ストーブ、ファンヒーター
(例)ミシン、オーブントースター

例外:有害物が含まれるものの出し方(無料)

使い捨てライター、乾電池、蛍光灯、水銀体温計、電球・LED電球は透明・半透明の袋(レジ袋可)で出す。
(出し方)
例外品は、品目ごとに透明・半透明の袋(レジ袋可)に入れる。
使い捨てライターは必ず使い切る。(使い切っていない場合は、専門の業者に処理を依頼する。)
(注意点)
ボタン電池、充電式電池は、できるだけ店頭回収協力店へ。
例外品だけをごみとして出す場合は、収集の際の見落とし防止のため、張り紙を貼るなどわかりやすいようにする。
使い捨てライター・乾電池
蛍光灯・水銀体温計
電球

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

環境農政部 収集業務課  (大和市環境管理センター1F 案内図
電話 収集担当 046-269-1511    FAX 046-268-6715

ページの先頭へ戻る