サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>生活・環境>資源・ごみ>家庭系ごみ>燃やせる(可燃)ごみ

ここから本文です。

燃やせる(可燃)ごみ

ごみは有料指定ごみ袋に入れ、袋の口を結んでください。

収集日(祝日も収集します。)に、戸建ては道路に面した敷地内、集合住宅は決められた場所に出してください。

ごみ出し時間の原則は、午前8時までです。収集時間に合わせて出すときは早めに出してください。

このページに関する「資源とごみの分け方・出し方」パンフレット(PDF版)は、資源とごみの分け方出し方パンフレット及びカレンダーダウンロードからダウンロードできます。

(注意点)

40リットルの有料指定ごみ袋に入らないものは粗大ごみですが、例外品がありますので、「指定品目」を参照してください。

有料指定ごみ袋に入らないものでも、切ったり、割ったりして有料袋に入り、袋の口を結ぶことができれば有料袋で出せます。

代表的な例(有料指定ごみ袋に入れて出す。)

 (代表的な例)

台所のごみ

生ごみ・野菜くず・野菜の皮(水気をよく切る)、食用油(布や紙に染み込ませるか凝固剤で固める)

植物類

切り花、果物、門松、庭木の実、栽培していた草花、木くず・木製品(長さ50cm太さ10cm以下)、など

生活用品

ぬれた布、汚れたままの布・衣類、ぬいぐるみ、 座布団 、綿入りの衣類、革製品、ゴム・ビニール製品、乾燥剤、保冷剤、使い捨てカイロ、など

雑貨類

プラスチック製品(容器包装プラを除く)、 カセットテープ、ビデオテープ、CD、MD、DVD、レコード、フロッピーディスク、など

紙類

油紙・写真など薬品の付いた紙、汚れた紙、シュレッダーした紙、ビニールなどとの複合素材の紙など

(注意点)

金属など燃えないものとの複合品は、金属などの割合が多い場合は、燃やせないごみに出す。わからない場合は、収集業務課(電話269-1511)まで。

燃やせる(可燃)ごみの代表的な例

例外:紙おむつ、剪定枝、枯葉・雑草の出し方(無料)

使用済み紙おむつ、尿とりパッド

…一般家庭で人が使ったもの

(出し方)

排泄物は取り除き、透明・半透明の45リットルまでの袋(レジ袋可)に入れて出す。

外から紙おむつ、尿とりパッドとわかるようにする。

枯葉・雑草は混ぜない。

(注意点)

未使用の紙おむつは、燃やせるごみ。

ペットの紙おむつは、燃やせるごみ。

 

剪定枝

…庭木などを剪定したもの。木材として買ってきたものや利用したものは燃やせるごみ。

(出し方)

枝の太さ10センチメートル以内、束の直径は30センチメートル以内、長さは50センチメートル以内にしてひもで縛る。

(注意点)

1つの建物につき1回3束まで。

 

 枯葉・雑草

…雑草とは自然に生えたもの。栽培したものや鑑賞用に植えた花などは燃やせるごみ。

(出し方)

土を落として透明・半透明の45リットルまでの袋(レジ袋可)に入れる。

紙おむつ、尿とりパッドと混ぜない。

(注意点)

1つの建物につき、1回3袋まで。

 4袋目からは黄色の有料ごみ袋で出す。

専門業者に処理してもらった草花については、その業者に処分してもらう。

紙おむつ、剪定枝、枯葉・雑草の出し方

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

環境農政部 収集業務課  (大和市環境管理センター1F 案内図
電話 収集担当 046-269-1511    FAX 046-268-6715

ページの先頭へ戻る