サイト表示切替

ホームくらしのガイド>生活・環境>資源・ごみ>その他>生ごみ処理容器等の設置費の補助

ここから本文です。

生ごみ処理容器等の設置費の補助

●●補助金交付予算残額が無くなりましたので申請の受付を終了しました。追加募集の予定もありません。●●
 
家庭及び事業所から排出される生ごみや庭木の剪定枝、落葉等の減量化及び資源化対策の一環として、生ごみ処理容器、電動式生ごみ処理機、ガーデンシュレッダーを購入・設置した方に対し、購入費の一部を補助する制度です。
 

制度ついて

【画像】生ごみ処理機補助対象機種

補助対象となる容器等

 

補助対象となる容器等

1.生ごみ処理容器
(コンポストタイプ・非電動式生ごみ処理機)

2.電動式生ごみ処理機

3.ガーデンシュレッダー

補助対象容器等の規格など 材質が耐久性及び耐水性を備えたもので土中の微生物を活用して生ごみを分解減容して、堆肥化または消滅化するコンポスト型容器や、電気を用いない生ごみ処理機 バイオ式、熱乾燥式、ハイブリット式などがあり、家庭用電源を利用して生ごみを分解減容して、堆肥化または消滅化する器具。 動力を利用して庭木の剪定枝・落葉等を粉砕チップ化する器具。
補助率

購入金額の9/10の金額で限度額以内

購入金額の3/4の金額で限度額以内

補助限度額

1台につき20,000円
(百円未満切り捨て)

50,000円
(千円未満切り捨て)

30,000円
(千円未満切り捨て)

補助数量の制限

1世帯または1事業者2台まで

1世帯または1事業者1台まで

申請期限

生ごみ処理容器等購入後、6ヵ月以内

※生ごみを粉砕し、下水道へ流す方式(ディスポーザータイプ)は補助対象外です。

※ガーデンシュレッダーにつきましては、自治会への補助もございます。

利用者の声、使用状況の写真(平成27年度)も紹介しています。

補助対象となる方

・市内在住の方。 ※住民票等で居住が確認できない場合は対象になりません。
・市内で同一事業を1年以上営み、引き続き営む事業者の方。
・生ごみ、庭木の剪定枝、落葉等の処理のために活用し、生み出されるたい肥等について有効活用できる方。
・市税等の未納がない方。
・過去に補助を受けたことのある方については、同一補助対象品目を購入した日から5年以上が経過している方。
    ※過去5年以内に「生ごみ処理容器等設置費補助」を受けた場合は、同一補助対象品目の補助申請をすることができません。
    ※別の補助対象品目の申請に対してはこの制限はありません。
       例)過去に生ごみ処理容器(コンポストタイプ)を購入して補助を受けた方が、電動式生ごみ処理機の補助を申請する。

補助金交付申請までの流れ

補助金交付に必要なもの

補助金の交付にあたっては以下のものが必要になります。
1.生ごみ処理容器等設置費補助金交付申請書及び請求書
 申請書及び請求書は、以下の施設にあります。
      ・大和市環境管理センター
      ・市役所環境総務課(市役所4階)
      ・渋谷分室
      ・中央林間分室
      ・大和連絡所
      ・桜ヶ丘連絡所
 また、下記表からもダウンロードできます。
2.領収書(原本)
 ・購入(申請)者名、購入日、本体購入金額(ポイント値引、送料を抜いたもの)購入品名等の記入された販売店発行の正規の領収書
 ※領収書は返却いたしません。
3.保証書のコピーまたは取扱説明書のコピー
 ・電動式生ごみ処理機、ガーデンシュレッダーの場合は、製造メーカー発行の保証書
 ・生ごみ処理容器(コンポスト)の場合は、取扱説明書(カタログ不可
○申請書等ダウンロード 
生ごみ処理容器等設置費補助金交付申請書 PDF Excel
(86KB) (42KB)
生ごみ処理容器等設置費補助金交付請求書 PDF Excel
(66KB) (31KB)
生ごみ処理容器等設置費補助金交付申請書(見本) PDF Excel
(226KB) (39KB)
生ごみ処理容器等設置費補助金請求書(見本) PDF Excel
(211KB) (54KB)
生ごみ処理容器等設置費補助金交付申請書類の内容確認チェックシート PDF Word
(105KB) (34KB)
生ごみ処理容器等設置費補助金交付要綱 PDF  
(21KB)

 

 

申請書及び請求書に必要事項を記入する

 申請書及び請求書のご記入にあたっては、申請書等ダウンロードにある「生ごみ処理容器等設置費補助金申請書(見本)」「生ごみ処理容器等設置費補助金請求書(見本)」をご参照ください。
 以下の点については、特に記入間違いが多いためご注意ください。なお、消えるボールペン(フリクションボール等)は使用できません
 
申請書  ・申請額は以下の通りとなります。
      ・生ごみ処理容器(コンポストタイプ) 購入金額の90%(100円未満切り捨て) 上限20,000円。
      ・電動式生ごみ処理機 購入金額の75%(1,000円未満切り捨て) 上限50,000円。
      ・ガーデンシュレッダー 購入金額の75%(1,000円未満切り捨て) 上限30,000円。
 わからなければ空欄で提出してください。こちらで計算して記入いたします。
請求書
 ・請求書右上の日付は記入しないで下さい。事務処理後、こちらで記入いたします。(記入して提出された場合は一式返却します。)
 ・修正液・テープ類、または取消線等による訂正はできません。(使用している場合は一式返却します。)

申請書類の提出

申請書類の受付・お問合せの窓口は大和市環境管理センター廃棄物対策課になります。
申請書・請求書に領収書(原本)、保証書のコピーまたは取扱説明書のコピーを添え、直接窓口へご持参いただくかご郵送ください。

〒242-0026
住所:大和市草柳3−12−1 
大和市環境管理センター 廃棄物対策課

申請書の記入漏れ等の確認のため、チェックシートをご用意いたしました。本ページ中段の申請書等ダウンロードにある「生ごみ処理容器等設置費補助金交付申請書類の内容確認チェックシート」をダウンロードいただき、ご活用ください。 (このチェックシートはチェック用ですので、ご提出いただく必要はありません)

注意事項

○テレビショッピングやインターネット購入等の場合についても、「領収書」は必要です。正規の領収書を取り寄せてください。
 ※購入者名のない配達控え兼領収書伝票や注文明細書等はご使用になれません。機器本体と同時に別商品を購入している場合は、明細書が必要な場合があります。また、着払いで宅配業者等からもらった領収書の場合は購入先から発行の明細書が必要です。
○氏名・住所等は、申請書・請求書と同じ表記にしてください。
○店舗によるポイント値引きや送料・手数料等は、補助対象額から控除されます。
 ※本体購入価格以外(ポイント利用分、送料等)は、補助対象外となります。
○段ボールコンポストは、材質に耐水性及び耐久性が備わっていないため、補助対象品目外となります。
○今年度の予算が終了したら申請できません。

生ごみ処理機で処理したたい肥(処理品)の回収について

・電動式生ごみ処理機で処理をした「たい肥」で、ご家庭で園芸用に活用しても処理できない「たい肥」は、次の場所で資源として回収していますのでご利用ください。

資源の拠点回収場所大和市資源選別所

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

環境施設農政部 廃棄物対策課  (大和市環境管理センター 1F 案内図
電話 資源・廃棄物対策係 046-269-7343

ページの先頭へ戻る