サイト表示切替
検索の仕方

ホーム市政情報政策・計画>大和市は、健康都市を目指します!

ここから本文です。

大和市は、健康都市を目指します!

 大和市は、健康を市政運営の中心に据えて、「健康都市」の実現を目指しています。

 市制50周年記念式典における「健康都市やまと」宣言、「健康創造都市 やまと」を将来都市像とする第8次大和市総合計画と大和市健康プログラムの策定、健康都市連合への加盟など、様々な取り組みを行っています。

「健康都市 やまと」宣言と「60歳代を高齢者と言わない都市 やまと」宣言

大和市健康都市シンボルマーク

 大和市は、平成21年2月1日の市制50周年記念式典で、「健康都市 やまと」宣言を行いました。

 宣言では、「健康都市を目指す」という姿勢を明確に示し、市民のみなさんと協力して進めていきたいという願いを込めています。

 

 「健康都市 やまと」宣言の全文はこちらをご覧ください

 

 また、平成26年4月1日には、「60歳代を高齢者と言わない都市 やまと」宣言を行いました。

 宣言は、市政全体で健康都市のまちづくりを進めてきた本市として、これまで高齢者とされてきた世代の方々にもいつまでもはつらつと元気に活躍していただきたいという願いを込めています。

 

 「60歳代を高齢者と言わない都市 やまと」宣言の全文はこちらをご覧ください

第8次大和市総合計画、大和市健康プログラムを策定

 2009年4月、「健康創造都市 やまと」を将来都市像とする第8次大和市総合計画を策定しました。総合計画では、「人」、「まち」、「社会」の3つの健康領域において7つの基本目標を設定し、「健康創造都市 やまと」の実現を目指しています。

  

第8次大和市総合計画の詳細はこちらをご覧ください

 

 また、健康都市の取り組みを具体的に進めるため、「大和市健康都市プログラム」を策定しました。同プログラムでは、総合計画の中から市民一人ひとりの健康増進の観点から特に重要な施策を抽出し、5つのリーディングプロジェクトにまとめています。

  

大和市健康都市プログラムの詳細はこちらをご覧ください

健康都市連合での活動

健康都市連合シンボルマーク
 大和市は、2008年に健康都市連合および健康都市連合日本支部に加盟しました。

 

健康都市連合

 健康都市連合は、WHO(世界保健機関)西太平洋地域事務局が提唱し、「人」と「人をとりまく環境」の両面から健康を増進する「健康都市」に取り組む都市間ネットワークです。2016年9月現在で10か国から220の都市、政府機関、NGO、大学などが加盟しています。

 大和市は2012年から2016年まで、日本を代表して理事を務めました。

 

健康都市連合日本支部

 健康都市連合には日本、中国、韓国、香港、オーストラリアの5つの支部があり、それぞれの支部で独自の活動をしています。日本支部は、千葉県市川市、愛知県尾張旭市、静岡県袋井市、沖縄県平良市(現:宮古島市)の4市を発起人として2005年に発足し、日本における健康都市に関する情報発信や健康都市のネットワークの構築に努めています。日本支部には、2016年9月現在、44の自治体・団体が加盟しています。

 

 健康都市連合における大和市の活動はこちらをご覧ください

問い合わせ

【「健康都市 やまと」宣言、大和市健康都市プログラム、健康都市連合】
政策部 政策総務課 健康都市推進担当(本庁舎 3F 案内図
電話:046-260-5327
 
【第8次大和市総合計画】
政策部 総合政策課 総合政策担当(本庁舎 3F 案内図
電話:046-260-5304

ページの先頭へ戻る