サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>スポーツ>トピックス>女子サッカーのまち大和

ここから本文です。

女子サッカーのまち大和

本市では【大和市スポーツ推進計画】に沿って、地域資源のひとつである「女子サッカー」を基軸とした施策(事業)を展開し、「スポーツの発展」と「地域の活性化」に力を注いでいます。
大和市にゆかりのある選手や市内に拠点を置くチームなどの活躍は、市民のスポーツへの関心を高めるだけでなく、本市への愛着や誇りを深め、地域の活性化に繋がります。
また、特色あるスポーツ大会の開催や観戦スポーツの誘致など、スポーツの力で大和市の良好な都市イメージを発信し、魅力的な活力あるまちを創造します。

大和市女子サッカー支援事業

大和市では、2011年ドイツワールドカップ優勝メンバーである元なでしこジャパン(日本女子代表)大野忍さんや、現在もなお、なでしこジャパン、なでしこリーグ・海外リーグで活躍している川澄奈穂美選手、上尾野辺めぐみ選手、杉田亜未選手など、日本の女子サッカーを牽引する選手をたくさん輩出しています。
また、本市は女子サッカーのまちを目指しており、元日本女子代表選手をたくさんお招きし、クリニックや交流戦を戦う「なでしこレジェンドが大和にやってくる!」や、著名なOGや、現役選手をコーチとして迎える「大和なでしこサッカーフェスティバル」など、本市ならではの女子サッカーイベントをたくさん開催しています!!
【新着情報】※7/17(土)開催を予定していた、令和3年度なでしこレジェンドが大和にやってくる!は中止となります。

令和3年度 小中学生女子サッカー体験会参加者募集のお知らせ

 
令和2年度 大和なでしこサッカーフェスティバル川澄奈穂美選手が大和にやってくる!開催中止のお知らせ


 
【開催記録】
《令和元年度》
令和元年度 なでしこレジェンドが大和にやってくる!を開催しました!!
大和なでしこカップ2019(U-15)を開催しました!
大和なでしこカップ2019(U-12)を開催しました!

《平成30年度》
大和なでしこサッカーフェスティバル「大和シルフィード&加藤與惠さんとサッカーしよう!」を開催しました!
なでしこレジェンドが大和にやってくる!(H25)
川澄奈穂美講演会(H25)

ホームタウンチーム紹介

女子サッカーのまちを目指す本市では、なでしこリーグ1部に所属する「大和シルフィード」トップチームをホームタウンチームとして認定しています。(年度毎に更新)
詳しくはこちら(大和市ホームタウンチームについて)をご覧ください。

≪ホームタウンチーム活動情報(随時更新)≫
  いつもホームタウンチーム大和シルフィードを応援していただきありがとうございます。
9月4日(土)大和シルフィードは、広島広域公園第一競技場にて、第17節アンジュヴィオレ広島戦を戦いました。
 シルフィードは一つ上の順位にいるアンジュヴィオレ広島との直接対決を絶対に勝利で終わろうと意気込んで試合に挑みました。

  当日は、気温26度と過ごしやすい気候の中キックオフを迎えました。
この試合を絶対に勝利で終わりたいシルフィードは、立ち上がりから激しくボールへと食らいついていきます。相手も縦に速い攻撃でゴールを目指してきます。シルフィードは前線からの守備でボールを奪ったFW.小針(#5)が相手を交わし絶好のチャンスを迎えます。しかしシュートは相手GKに弾かれ、惜しくも得点とはなりませんでした。その後もシルフィードボールが続く中、前半11分左サイドでのスローインを受けたMF.濱本(#18)がドリブルで相手を引き寄せた後、中央にいたMF.平國(#17)がパスを受けると素晴らしいタッチからゴール右隅へシュートを放ちます。そのシュートは見事ゴールネットへと刺さり早い時間に先制点を奪うことができました。速い攻撃を得意とする相手に何度か攻め込まれるシーンはありましたが、DF陣を中心にゴールを守っていきます。シルフィードは追加点を取るため中盤の選手を中心にボールを回し何度もシュートを狙っていきます。前半28分には、左サイドでボールを受けたMF.須恵(#15)が絶妙なクロスを上げるとゴール前に走り込んでいたMF.濱本(#18)が頭で合わせ追加点を奪いました。課題でもあった追加点を前半のうちに奪うことができたシルフィードは気を緩めることなく2−0とリードのまま前半を折り返します。


 後半もシルフィードが先手をうちに行きます。後半47分、コート中央でボールを奪ったMF.濱本(#18)がそのまま相手を抜き去りペナルティーエリア付近からシュートを放ちます。誰もが入ったと思われたシュートはゴールポストへと当たり得点とはなりませんでした。数分後にも、ペナルティーエリア内で素晴らしいパス回しから最後MF.榎谷(#7)がシュートを放ちましたが、またしてもゴールポストに当たり得点とはなりませんでした。立ち上がりからシルフィードのチャンスが続く中、後半58分にビルドアップを相手に奪われロングシュートを打たれると、そのままゴールへと吸い込まれ失点を許してしまいます。これ以上の失点は避けたいシルフィードはもう1点奪いにゴールへと攻めていきます。73分MF.松浦(#9)が左サイドからクロスを上げると中にいたFW.小針(#5)が頭で合わせるもクロスバーに弾かれます。しかし、こぼれ球に反応していたDF.長瀬(#13)が放ったシュートがゴールネットを揺らし3点目を奪いました。3−1とリードを広げ、そのまま勝利を掴みたいシルフィードは、フレッシュな選手を入れていきます。しかし相手も選手交代で活性化を図り得点を狙ってきます。後半86分シルフィードの前線からの守備を交わされると、空いていた左サイドの裏を突かれてしまいます。ペナルティーエリア外からシュートを打たれてしまいますがゴールポストに当たり一度は救われたと思いましたが、こぼれ球を相手に押し込まれ失点を許してしまいました。この失点で流れは相手に渡ってしまい、2分後の後半88分相手のCKから頭で押し込まれ、終了間際で3−3と追いつかれてしまいました。引き分けではなく勝利で終わりたいシルフィードは、最後までシュートを打ちに行きましたが、得点は奪えずホイッスルが鳴りました。2点リードを守り切れず結果は3−3の引き分けで終わりました。


 リモートで応援してくださった皆様、応援していただきありがとうございました。 
 次節は、9月18日(土)大和なでしこスタジアムにて、ホーム戦となります。
次節のホームゲーム、勝利をお届けできるよう、チーム一丸となって戦いますので
皆様の熱い応援をどうぞよろしくお願いいたします。




【次回ホームゲームのお知らせ】
 第18節ホームゲーム
 VS NGUラブリッジ名古屋
 日時:9月18日(土)13時キックオフ無観客(リモートマッチ)
 会場:大和なでしこスタジアム


 


※大和市内在住小中高生は無料となります。
※チケット販売は当日券のみとなります。
※詳しくは大和シルフィード公式HPをご覧ください。
※全国へと活躍の場を広げる大和シルフィードでは、サポータークラブの会員を募集しています。詳しくは、スポーツ課までご連絡ください。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 文化スポーツ部 スポーツ課
 TEL:046−260−5762
 FAX:046−262−9514
 MAIL:bu_sport@city.yamato.lg.jp
 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 




※詳しい試合情報・その他の試合日程は公式HPをご覧ください。

《日本女子サッカーリーグ公式HP》
 http://www.nadeshikoleague.jp/

 

問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ課 (大和スポーツセンター体育会館1F 案内図
TEL:046−260−5762
FAX:046−262−9514

ページの先頭へ戻る