サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>スポーツ>トピックス>女子サッカーのまち大和

ここから本文です。

女子サッカーのまち大和

本市では【大和市スポーツ推進計画】に沿って、地域資源のひとつである「女子サッカー」を基軸とした施策(事業)を展開し、「スポーツの発展」と「地域の活性化」に力を注いでいます。
大和市にゆかりのある選手や市内に拠点を置くチームなどの活躍は、市民のスポーツへの関心を高めるだけでなく、本市への愛着や誇りを深め、地域の活性化に繋がります。
また、特色あるスポーツ大会の開催や観戦スポーツの誘致など、スポーツの力で大和市の良好な都市イメージを発信し、魅力的な活力あるまちを創造します。

大和市女子サッカー支援事業

大和市では、なでしこJAPAN(日本女子代表)や、なでしこリーグ・海外リーグで活躍している大野忍選手や、川澄奈穂美選手、上尾野辺めぐみ選手、杉田亜未選手など、日本の女子サッカーを牽引する選手をたくさん輩出しています。
また、本市は女子サッカーのまちを目指しており、元日本女子代表選手をたくさんお招きし、クリニックや交流戦を戦う「なでしこレジェンドが大和にやってくる!」や、著名なOGや、現役選手をコーチとして迎える「大和なでしこサッカーフェスティバル」など、本市ならではの女子サッカーイベントをたくさん開催しています!!
【新着情報】
なでしこレジェンドが大和にやってくる!(H25)
川澄奈穂美講演会(H25)

ホームタウンチーム紹介

女子サッカーのまちを目指す本市では、なでしこリーグ2部に所属する「大和シルフィード」トップチームをホームタウンチームとして認定しています。(年度毎に更新)
詳しくはこちら(大和市ホームタウンチームについて)をご覧ください。

≪ホームタウンチーム活動情報(随時更新)≫
いつも大和シルフィードに、あたたかい応援をありがとうございます。
5月12日(日)埼玉スタジアム2002第2グラウンドにて2019プレナスなでしこリーグ2部 第8節 大和シルフィードvsちふれASエルフェン埼玉の試合が行われました。
大和シルフィードは、技術に勝る相手に対し、前線からハイプレッシャーはかけず、全体的に引いて距離間を良くした中でボールを奪いに行く戦術で臨みました。相手はテンポよくボールを回しながら、得点のチャンスをうかがい、全体的にゆっくりしたペースで試合が始まりました。試合が動いたのは13分を過ぎたころ、ゴール前で相手に与えたフリーキックがきっかけでした。そのフリーキックは凌ぎますが、クリアボールを、再びゴール前に放り込まれ、走りこんできた相手に先に触られ、先制点を奪われます。その後も、守備ではなかなかボールを奪いきれず、攻撃では前から速いプレスをかけられ簡単にボールを失ってしまうという悪い流れが続きます。22分に相手のハイプレスに慌ててしまったシルフィードは、ゴール前でのパスミスから追加点を許します。
その4分後には、コーナーキックからヘディングで合わせられ、30分も経たないうちに3失点をしてしまいます。これ以上、得点を許したくないシルフィードでしたが、43分にサイドから逆サイドのDFラインの背後にスルーパスを通され、痛い4失点目を奪われてしまいます。
厳しい状況の中、迎えた後半戦は、前半で上手くいかなかった守備を修正し、相手の勢いを止めます。1点でも奪いたいシルフィードは、最後の最後まで諦めず、後半アディショナルタイムに速いカウンター攻撃で、MF19.中野からFW11.堀へと繋ぎ、ラストパスにFW18.市原が合わせ1点を返します。しかし4点までは遠く、このままタイムアップ。

今回の試合では、前半だけで4失点をしてしまいましたが、苦しい状況の中でも試合終盤に攻守ともに勢いを持ち、得点に結びついたことは次の試合にも繋がると思います。
ご来場いただいた皆様、応援をしてくださった皆様、ありがとうございました。次節はホームゲームとなります。皆様のご来場をお待ちしております。


【2019プレナスなでしこリーグ2部  第9節】
開催日時:令和元年5月19日(日)11:00キックオフ
会 場 :大和なでしこスタジアム (大和スポーツセンター競技場 大和市上草柳1−1−1)
内 容 :2019プレナスなでしこリーグ2部 第9節 大和シルフィード 対 オルカ鴨川FC
その他 :観戦無料 申込不要 どなたでもご覧いただけます。
※詳しい日程はこちらをご覧ください。(大和シルフィードオフィシャルホームページ)

問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ課 (大和スポーツセンター体育会館1F 案内図
TEL:046−260−5762
FAX:046−262−9514

ページの先頭へ戻る