サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>スポーツ>トピックス>女子サッカーのまち大和

ここから本文です。

女子サッカーのまち大和

本市では【大和市スポーツ推進計画】に沿って、地域資源のひとつである「女子サッカー」を基軸とした施策(事業)を展開し、「スポーツの発展」と「地域の活性化」に力を注いでいます。
大和市にゆかりのある選手や市内に拠点を置くチームなどの活躍は、市民のスポーツへの関心を高めるだけでなく、本市への愛着や誇りを深め、地域の活性化に繋がります。
また、特色あるスポーツ大会の開催や観戦スポーツの誘致など、スポーツの力で大和市の良好な都市イメージを発信し、魅力的な活力あるまちを創造します。

大和市女子サッカー支援事業

大和市では、なでしこJAPAN(日本女子代表)や、なでしこリーグ・海外リーグで活躍している大野忍選手や、川澄奈穂美選手、上尾野辺めぐみ選手、杉田亜未選手など、日本の女子サッカーを牽引する選手をたくさん輩出しています。
また、本市は女子サッカーのまちを目指しており、元日本女子代表選手をたくさんお招きし、クリニックや交流戦を戦う「なでしこレジェンドが大和にやってくる!」や、著名なOGや、現役選手をコーチとして迎える「大和なでしこサッカーフェスティバル」など、本市ならではの女子サッカーイベントをたくさん開催しています!!
【新着情報】
令和2年度 小中学生女子サッカー体験会参加者募集のお知らせ



 
【開催記録】
《令和元年度》
令和元年度 なでしこレジェンドが大和にやってくる!を開催しました!!
大和なでしこカップ2019(U-15)を開催しました!
大和なでしこカップ2019(U-12)を開催しました!

《平成30年度》
大和なでしこサッカーフェスティバル「大和シルフィード&加藤與惠さんとサッカーしよう!」を開催しました!
なでしこレジェンドが大和にやってくる!(H25)
川澄奈穂美講演会(H25)

ホームタウンチーム紹介

女子サッカーのまちを目指す本市では、なでしこリーグ2部に所属する「大和シルフィード」トップチームをホームタウンチームとして認定しています。(年度毎に更新)
詳しくはこちら(大和市ホームタウンチームについて)をご覧ください。

≪ホームタウンチーム活動情報(随時更新)≫
 いつも大和シルフィードに、あたたかい応援をありがとうございます。

 大和シルフィードは昨年度、チャレンジリーグで悲願の優勝を果たし、今年クラブ初となるなでしこリーグ2部に参入しました。
 3月21日に開幕した2部リーグは、10チームが参加し、ホーム&アウェイ方式で前期9試合・後期9試合の計18試合を戦いました。
 大和シルフィードは開幕戦で勝利し、好スタートを切れたものの、その後は敗戦が続き、前期9試合はなかなか勝ち点を積み上げることが出来ず、チームとして苦しい期間を過ごしました。改めてなでしこリーグという舞台の厳しさを実感した時期でもありました。
 こうした状況の中でも下を向かず、前を見続けられたのは、どんな時も最後まで信じ、熱い声援を送り続けてくださるサポーターや、様々なところで支えてくださる方々の存在があったからです。
 後期は、“少しでも期待に応えたい” “共に勝利を分かち合いたい”という思いをさらに強く抱いた中で挑み、前期の結果を引きずることなく一心不乱に戦いました。そして、少しずつ勝ち点を積み上げていき、3勝4分11敗で8位という成績を収め、かろうじて2部残留を決めることが出来ました。
 リーグが終わると、次に待ち受けていたのは、中学生以上の女子チームであれば、出場権を得ることが可能な、国内最高峰の大会、皇后杯です。皇后杯はノックアウト方式のため、負けてしまうとそこで終了となります。
 大和シルフィードは初戦、徳山大学と戦い、3−1で勝利し、次のステージへ進むことが出来ました。2回戦目は、なでしこリーグ5連覇中の女王、日テレ・ベレーザとの対戦でした。前半はなんとか0−0で抑えることが出来ましたが、後半に入ると、前半の守備で蓄積された疲労が徐々にシルフィードの足の動きを止め、1点2点と失点を重ね、最終的に0−4で敗れてしまいました。
 この一戦を持ちまして、大和シルフィードの2019年シーズン公式戦は全て終了となりました。

 今シーズンは終わってしまいましたが、2020年もなでしこリーグ2部の舞台で戦うことが出来るので、今年の経験を糧に、来シーズンでは今年を上回る結果を残したいと思います。また、大和シルフィードの大きな目標である、なでしこリーグ1部昇格を目指し、日々練習に励んでいきますので、今後とも変わらぬご支援ご声援をよろしくお願いいたします。
 
 1年間、本当にありがとうございました。

問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ課 (大和スポーツセンター体育会館1F 案内図
TEL:046−260−5762
FAX:046−262−9514

ページの先頭へ戻る