サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>スポーツ>トピックス>女子サッカーのまち大和

ここから本文です。

女子サッカーのまち大和

本市では【大和市スポーツ推進計画】に沿って、地域資源のひとつである「女子サッカー」を基軸とした施策(事業)を展開し、「スポーツの発展」と「地域の活性化」に力を注いでいます。
大和市にゆかりのある選手や市内に拠点を置くチームなどの活躍は、市民のスポーツへの関心を高めるだけでなく、本市への愛着や誇りを深め、地域の活性化に繋がります。
また、特色あるスポーツ大会の開催や観戦スポーツの誘致など、スポーツの力で大和市の良好な都市イメージを発信し、魅力的な活力あるまちを創造します。

大和市女子サッカー支援事業

大和市では、2011年ドイツワールドカップ優勝メンバーである元なでしこジャパン(日本女子代表)大野忍さんや、現在もなお、なでしこジャパン、なでしこリーグ・海外リーグで活躍している川澄奈穂美選手、上尾野辺めぐみ選手、杉田亜未選手など、日本の女子サッカーを牽引する選手をたくさん輩出しています。
また、本市は女子サッカーのまちを目指しており、元日本女子代表選手をたくさんお招きし、クリニックや交流戦を戦う「なでしこレジェンドが大和にやってくる!」や、著名なOGや、現役選手をコーチとして迎える「大和なでしこサッカーフェスティバル」など、本市ならではの女子サッカーイベントをたくさん開催しています!!
【新着情報】
令和2年度 小中学生女子サッカー体験会参加者募集のお知らせ



 
【開催記録】
《令和元年度》
令和元年度 なでしこレジェンドが大和にやってくる!を開催しました!!
大和なでしこカップ2019(U-15)を開催しました!
大和なでしこカップ2019(U-12)を開催しました!

《平成30年度》
大和なでしこサッカーフェスティバル「大和シルフィード&加藤與惠さんとサッカーしよう!」を開催しました!
なでしこレジェンドが大和にやってくる!(H25)
川澄奈穂美講演会(H25)

ホームタウンチーム紹介

女子サッカーのまちを目指す本市では、なでしこリーグ2部に所属する「大和シルフィード」トップチームをホームタウンチームとして認定しています。(年度毎に更新)
詳しくはこちら(大和市ホームタウンチームについて)をご覧ください。

≪ホームタウンチーム活動情報(随時更新)≫
 
 いつも大和シルフィードに、あたたかい応援をありがとうございます。
 11月15日(日)大和シルフィードは、大和なでしこスタジアムにて、バニーズ京都SCとプレナスなでしこリーグ2部第18節を戦いました。前回の対戦では、1−2と敗戦を喫しており、2度も負けられないシルフィードは、いつも以上に気合いを入れて挑みました。

 当日は、少し風が吹いていましたが、気持ちの良い秋晴れの中、キックオフを迎えました。
 前回の反省を生かし、試合を優位に進めたいシルフィードは立ち上がりから積極的にプレッシャーをかけにいきます。すると試合開始1分、相手選手のクリアボールを#4.岸(DF)がヘディングで跳ね返します。そのボールが相手DFの背後に抜け、そこに走りこんでいた#11.堀(FW)がゴール前まで運びシュート。そのシュートが見事ネットを揺らし、開始早々先制点を奪います。その後もシルフィードは積極的にプレッシャーをかけ、相手の強みでもある細かいパスワークを発揮させません。流れがあるうちに追加点を奪いたいシルフィードでしたが、いくつものチャンスを作りながらもゴールへ繋げることができません。すると前半40分、サイドを崩されピンチを迎えます。一度は#16.田中(GK)が弾きましたがそのボールがゴール前にいた相手選手へ渡ってしまいます。GKのいないゴールにシュートを打たれ失点かと思われましたが、#21.宮本(DF)がゴール前へカバーに入りギリギリのところで弾きます。最後まで身体を張った守備でゴールを守り切り、ピンチを切り抜けます。その後も集中を切らさず1−0とリードしたまま前半を折り返します。

 追加点が欲しいシルフィードは、後半も積極的に攻撃を仕掛けます。サイド攻撃を起点にチャンスを作りますが、簡単には負けられない相手の身体を張った守備に阻まれ追加点を奪うことができません。一方、シルフィードの守備も集中し、後半の相手のシュートを0本で抑えます。そのままお互いに決定的なチャンスを作れないまま試合終了。リーグ最終戦は開始早々に挙げた1点を守り切り、1−0の勝利となりました。

 会場に足を運んでくださった皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました。
 この試合にて、2020年度のなでしこリーグ2部の日程は終了となります。最終順位は7位となりました。たくさんの応援ありがとうございました。

 次は、女子サッカーの日本一を決する皇后杯が開幕します。負けたら終わりのトーナメント戦、引き続き皆様の熱い応援よろしくお願いいたします。


【皇后杯JFA第42回全日本女子サッカー選手権大会】
2回戦目 ※大和シルフィードはシードのため1回戦目の試合はありません。
 相手: アンジュヴィオレ広島 vs FC今治レディース の勝者
日時:12月6日(日)10時30分キックオフ
会場:テクノポート福井スタジアム(福井県)

※詳しくは大会HPをご覧ください。
<HP>
http://www.jfa.jp/match/empressscup_2020/

問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ課 (大和スポーツセンター体育会館1F 案内図
TEL:046−260−5762
FAX:046−262−9514

ページの先頭へ戻る