サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>スポーツ>トピックス>女子サッカーのまち大和

ここから本文です。

女子サッカーのまち大和

本市では【大和市スポーツ推進計画】に沿って、地域資源のひとつである「女子サッカー」を基軸とした施策(事業)を展開し、「スポーツの発展」と「地域の活性化」に力を注いでいます。
大和市にゆかりのある選手や市内に拠点を置くチームなどの活躍は、市民のスポーツへの関心を高めるだけでなく、本市への愛着や誇りを深め、地域の活性化に繋がります。
また、特色あるスポーツ大会の開催や観戦スポーツの誘致など、スポーツの力で大和市の良好な都市イメージを発信し、魅力的な活力あるまちを創造します。

大和市女子サッカー支援事業

大和市では、なでしこJAPAN(日本女子代表)や、なでしこリーグ・海外リーグで活躍している大野忍選手や、川澄奈穂美選手、上尾野辺めぐみ選手、杉田亜未選手など、日本の女子サッカーを牽引する選手をたくさん輩出しています。
また、本市は女子サッカーのまちを目指しており、元日本女子代表選手をたくさんお招きし、クリニックや交流戦を戦う「なでしこレジェンドが大和にやってくる!」や、著名なOGや、現役選手をコーチとして迎える「大和なでしこサッカーフェスティバル」など、本市ならではの女子サッカーイベントをたくさん開催しています!!
【新着情報】
令和元年度 女子サッカー関連事業 スケジュール
なでしこレジェンドが大和にやってくる!(H25)
川澄奈穂美講演会(H25)

ホームタウンチーム紹介

女子サッカーのまちを目指す本市では、なでしこリーグ2部に所属する「大和シルフィード」トップチームをホームタウンチームとして認定しています。(年度毎に更新)
詳しくはこちら(大和市ホームタウンチームについて)をご覧ください。

≪ホームタウンチーム活動情報(随時更新)≫
 いつも大和シルフィードに、あたたかい応援をありがとうございます。
 9月8日(日)大和なでしこスタジアムにて2019プレナスなでしこリーグ2部 第11節 大和シルフィード vs ASハリマアルビオンの試合が行われました。
 当日は、34.4℃と気温が非常に高く、台風の影響から急に雨が降り出すなど、気温も湿度も高くピッチコンディションも悪い中でのキックオフとなりました。
 今節は下位同士の対戦で、勝ち点3を確実に取りたい大事な一戦でした。
 大和シルフィードは立ち上がりから相手陣内へ攻め込み、試合を攻撃的に進めていきます。このまま勢いに乗り、先制点を上げたいシルフィードでしたが、開始3分、相手CBの正確なロングフィードから前がかりになったDFラインの裏を取られ、早々に先制点を奪われてしまいます。まずは1点を返し、追いつきたいシルフィードでしたが、今度はそのわずか3分後に、またも相手DFのロングフィードに対し、慌てて処理したバックパスを奪われ一瞬にして2失点してしまいます。
 飲水タイムに入り、ここからまた気持ちを入れ替え反撃しようと意気込みピッチに戻るも、その1分後、インナーラップで縦に抜け出した相手にクロスを上げられてしまい、冷静に決められます。これ以上、得点を許したくないシルフィードでしたが3点目と同じような攻撃パターンで立て続けに失点し、30分も経たないうちに4失点というあまりにも厳しい状況に陥ります。1点でも返して後半を迎えたいところでしたが、心理的なダメージや暑さから徐々に体力を奪われ、シルフィードは勢いを失ってしまいます。
 4点を追う厳しい状況の中、迎えた後半戦は、前半のうちに修正できなかった守備の対応を再確認して臨みました。すると57分、SB15.櫻林のクロスをきっかけに中で混戦となり一度はクロスバーに阻まれるも、ダイレクトで再び放り込み、MF19.中野が合わせ、1点を返します。交代選手を使い、さらに勢いづけようと試みるも4点までは遠く、1−4で試合終了となりました。

 ご来場いただいた皆様、応援をしてくださった皆様、ありがとうございました。引き続き応援をよろしくお願いします。

その他 :観戦無料 申込不要 どなたでもご覧いただけます。
※詳しい日程はこちらをご覧ください。(大和シルフィードオフィシャルホームページ)

問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ課 (大和スポーツセンター体育会館1F 案内図
TEL:046−260−5762
FAX:046−262−9514

ページの先頭へ戻る