サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>スポーツ>大和市が横浜F・マリノスのホームタウンになりました!

ここから本文です。

大和市が横浜F・マリノスのホームタウンになりました!

 大和市は平成29年4月27日、Jリーグからの承認を受け「横浜F・マリノス」のホームタウンとなることが決定しました。
 同クラブは「サッカーの普及・選手の育成活動を通じ、青少年を含むあらゆる層の方々の健全で豊かな生活を応援し、地域に貢献できるクラブになること」を理念の1つとして掲げ、日々活動されています。
 本市においては平成18年にサッカースクールを開校し、これまでに3,000人以上の卒業生を輩出しています。また平成21年からは、市内の各小学校を巡り、児童にサッカーを指導する「サッカーキャラバン」を毎年実施しており、実施校数と実施回数はそれぞれ述べ60校、95回となっています。このほか市内の自治会や商店街と連携した事業を実施するなど、本市に根差した活動を10年にわたって実施しています。
 今回のホームタウン決定は、このような活動を踏まえ、同クラブからの打診を受けて実現しました。横浜F・マリノスのホームタウンとなる自治体は、横浜市・横須賀市に続き3自治体目となります。
 今後は「市民の健康促進」「明るくたくましい青少年の育成」「シティセールス」を柱とするスポーツを通じたさまざまな取り組みを、大和市ホームタウンチームである女子サッカークラブ「大和シルフィード」とも連携を取りながら実施していく予定となっています。
 横浜F・マリノスのオフィシャルウェブサイトはこちらから

横浜マリノス株式会社 古川宏一郎代表取締役社長・大和市大木哲市長コメント

横浜マリノス株式会社 古川宏一郎代表取締役社長コメント

「このたび、大和市からホームタウンとしてご支援を頂けることとなり、大変嬉しくかつ光栄に思います。これまで大和市では、小学校でのサッカーキャラバンを通じて、子供たちにスポーツで身体を動かす楽しさを伝える活動を行って参りました。これからは今までの活動に加え、食育やスポーツプログラムの提供など新たな取り組みの拡充をはかり、大和市の目指す健康都市の実現に向け、青少年の育成はもとより、大和市民の皆さまのご健康に寄与できるよう、より一層の貢献を目指して参ります。」

大和市 大木哲市長コメント

「このたび、横浜F・マリノスさんのホームタウンに加わることができ、とても嬉しく思っています。大和市が目指す健康都市の実現に向けて、今後は連携した取り組みを進めていければと思います。」

 

問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ課 (大和スポーツセンター体育会館1F 案内図
TEL:046−260−5762
FAX:046−262−9514

ページの先頭へ戻る