サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>相談>子ども・児童>児童虐待から子どもを守るために

ここから本文です。

児童虐待から子どもを守るために

「もしかしたら虐待かも?」 そのように思われた場合は、すぐに以下の連絡先までお電話ください。 児童虐待について連絡(通告)することは、国民の義務でもあります。 子どもたちを虐待から守るため、ご協力をお願いします。

●児童虐待(通告・連絡)相談窓口
機 関 名 電話番号
すくすく子育て課
(家庭こども相談担当)
046(260)5618
神奈川県中央児相談所 0466(84)1600
児童相談所全国共通ダイヤル 189(いち・はや・く)
神奈川県警察子ども安全110番 0120(604)415 または 110
生命の危機を感じるような危険な状況のときは、まずは警察へご連絡ください。

児童虐待の連絡(通告)のポイント

虐待の心配の連絡をするときは、わかる範囲で結構ですので、次の点についてお伝えください。

子どもの、お名前、住所、年齢、性別など
●心配なことが起きた日時(続いている場合、いつ頃から、どれくらいの頻度で)
●心配なことの内容として、誰が、子どもに対してどのようなことをしていたか
●今の子どもの様子

可能であれば、連絡者の住所、氏名、連絡先を教えてください。

※連絡(通告)者の秘密は守られます※
連絡を受けた虐待通告窓口は、いかなる理由があっても連絡をした人の個人情報、またはそれを特定させるような情報を漏らすことはしません。連絡をした人に関する個人情報は守られます。

虐待の種別

「児童虐待の防止等に関する法律」では、保護者が子どもに行う以下の4つの行為を「児童虐待」として定めています。
 

身体的虐待 子どもの身体に外傷が生じる(生じるおそれを含む)暴行を加えること。
● 殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、熱湯をかける、溺れさせる、逆さ吊りにする、異物を飲ませる、食事を与えない、戸外に締め出す、縄などで拘束する、など
● 打撲傷、あざ(内出血)、骨折、頭部外傷、たばこによる火傷など、外見的に明らかな傷害を生じさせること
● 意図的に子どもを病気にさせること
性的虐待 子どもにわいせつな行為をすること、又は子どもにわいせつな行為をさせること。
● 性交、性的暴行、性的行為の強要など
● 性器や性交を見せること
● ポルノグラフィーの被写体とすること
ネグレクト 子どもの心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、長時間の放置、その他の保護者としての監護(養育すること)を著しく怠ること。
● 子どもへの健康・安全への配慮を怠っているなど(登校禁止、重大な病気になっても病院に連れて行かない、乳幼児を家に残したまま外出する、乳幼児の車内放置など)
● 子どもに必要な情緒的要求に応えていない(愛情の遮断など)
● 食事、衣服、住居などが極端に不適切で、健康状態を損なうほどの無関心、怠慢など(適切な食事を与えない、下着などを長期間不潔・不衛生な状態にする、極端に不潔な環境の中で生活させるなど)
● 子どもを遺棄すること
心理的虐待 子どもに著しい心理的外傷を与える言動をすること。
● 言葉による脅かし、脅迫すること
● 子どもを無視したり、拒否的な態度を示したりすること
● 子どもの心や自尊心を傷つける言動を繰り返したり、他のきょうだいとは著しく差別的な扱いをすること
● 子どもの目の前で夫婦喧嘩をすること

早期発見のためのチェックリスト

虐待をしている保護者や虐待を受けている子どもは、次にあるような様々なサインを発しています。
これらのサインがいくつか合わさって見られる時には、その背後に虐待があることも考えられます。
子どもの様子 【清潔に関すること】
● 洗濯していない服を着ている、体の衛生が保たれていない
● 季節にそぐわない服装
● 虫歯がたくさんある

【身体に関すること】
● 極端に痩せている、食事を与えられてもらっていない
● 傷・骨折・あざ・火傷等がたびたびある

【態度に関すること】
● 音や振動に過剰に反応する
● 保護者の顔色を異常なほど伺うが、保護者が離れると安心して表情が明るくなる
● 不自然な時間に出歩いている
保護者の様子 ● 子どもの泣き声とともに、親の怒鳴り声が聞こえる
● 体罰を肯定している、実際に繰り返している。
● 些細なことでも激しく怒るなど感情コントロールができない
● 子どもの発達にそぐわない厳しいしつけや行動制限がある
● 「かわいくない」「この子がいなければいいのに」等の発言がある
● 子どもに対して、繰り返し馬鹿にしてからかう
● 心身の状態が悪く(精神疾患など)、子育てが負担になっている
● 子育てに強い不安がある
保育園、幼稚園、学校に関すること ● 理由がはっきりしない欠席・遅刻・早退が多い
● 持ち物の紛失や破損が繰り返しある
● 行事への不参加が続いている
その他 ● 親族外の同居人がいる

問い合わせ

こども部 すくすく子育て課 家庭こども相談担当
(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5618 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る