サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベント妊娠・出産>妊娠したら>主な手続>妊娠したら(母子健康手帳の交付)

ここから本文です。

妊娠したら(母子健康手帳の交付)

妊娠の診断を受けたら、できるだけ早く妊娠の届出をし母子健康手帳の交付を受けましょう。 

母子健康手帳の交付の時から、妊娠中の悩みや出産・子育てに関して様々な相談に応じます。

 

「体の変化が心配」「出産準備はどうすればいいの?」「育児のしかたは?」「里帰りしないけど大丈夫かしら・・・」等の相談がある妊婦さんは、

保健福祉センター2階すくすく子育て課までお越しください。

子育て何でも相談・応援センターの保健師が母子健康手帳交付の際にアドバイスをします。

 

【交付の対象】 大和市に住民登録をしており、医療機関や産院で妊娠の診断を受けた方です。

 

【交付場所】     保健福祉センター2階すくすく子育て課(子育て何でも相談・応援センター)・各連絡所・本庁舎市民課

交 付 場 所 

所 在 地 電 話 番 号

すくすく子育て課
(子育て何でも相談・応援センターの保健師が対応します)

鶴間1−31−7
(保健福祉センター2階)
260−5609 
中央林間連絡所 中央林間4−6−3
(東急中央林間駅ビル1階)
275−1180 
大和連絡所 大和南1-8-1
(文化創造拠点シリウス2階)
263−1262 
桜ケ丘連絡所 福田5511−1
(桜ヶ丘駅前)
268−1124 
渋谷分室 福田2021−2
(高座渋谷駅前複合ビル(IKOZA)1階)
267−2330 
本庁舎 市民課
*土・日曜日も交付しています 
下鶴間1−1−1 260−5109 

 

【交付手続】 平成28年1月からは、妊娠の届出の際には個人番号(マイナンバー)と身分の証明が必要となります。

交付場所に用意してある「妊娠届出書」(両面)に、妊娠の診断を受けた医療機関名、医師または助産師氏名や、妊娠週数もしくは出産予定日記載していただきます。予め、妊娠届出書(両面)をプリントしたうえで記入し、提出していただくことも可能です。

 

【代理申請】  同居の世帯員(夫など)以外が代理で届出をする場合には、上記のほかに委任状が必要となります。

 

【その他】      紛失等による再交付や外国語版の母子健康手帳の交付は、保健福祉センター2階すくすく子育て課(子育て何でも相談・応援センター)で対応しています。 

 

●父子手帳について

子育てに関する基礎知識やコミュニケーションのヒントなど、パパになる方の「ミカタ」となる情報を集めた、かながわ版の父子手帳が専用サイトでご覧いただけます。

かながわパパ応援ウェブサイト パパノミカタ

妊婦健康診査の公費負担

妊娠期の医療費の負担を軽減し、医療機関で定期的に健診を受けていただくことで、お母さんと赤ちゃんの健康を確保します。
妊娠中に産婦人科で受ける健診のうち14回分について、その費用の一部を公費負担しています。
妊婦健康診査費用補助券は、母子健康手帳と一緒に交付します。補助券は母子健康手帳の交付日以降使用ができます。

神奈川県外(ただし日本国内に限る)の医療機関や助産院で受診する場合など補助券が使用できない場合は、還付制度がありますので母子健康手帳別冊の表紙裏面をご確認ください。申請期間は出産から1年以内です。ご不明な点は担当課までお問い合わせください。 

また、母子健康手帳交付後に本市へ転入された方には、保健福祉センター すくすく子育て課窓口で大和市妊婦健診費用補助券と交換しますので現在お持ちの他市町村の費用補助券の冊子と母子健康手帳をお持ちください。使用済みの費用補助券を確認してお渡しします。

 

妊婦歯科健康診査

女性の歯の健康と生まれてくる赤ちゃんの健康・お口の環境を守るために妊婦を対象に、むし歯と歯周疾患予防のための歯科健康診査を無料で実施しています。

妊婦歯科健康診査受診券は、母子健康手帳と一緒に交付をしています。

 

 

子育て何でも応援メール・電子母子手帳

市内在住の妊婦さんや0歳のお子さんをお持ちのママ、パパ、ご家族向けに、メールマガジンの配信を行っております。
妊娠週数や乳児の月齢に応じたママのからだのこと、赤ちゃんの成長の様子、子育てアドバイス、大和市の母子保健事業、育児情報などをタイムリーに配信します。
ご登録いただくとで、電子母子手帳機能も利用できます。ぜひご登録ください。 
☆ メールマガジンには、「(マタニティ)子育て何でも応援メール」 と 「(子育て)子育て何でも応援メール」 の2種類があります。  
● (マタニティ)子育て何でも応援メール
◆ 配信時期: 妊娠がわかった時からいつでも利用できます 
◆ 頻度:毎日  
 
● (子育て)子育て何でも応援メール 
◆ 配信時期: 出生〜1歳お誕生日前日まで 
◆ 頻度:生後100日まで、毎日。 101日目から3日に1回 
*登録は無料です。通信費用は利用者負担です。 
 
☆ 電子母子手帳
 妊婦健診のスケジューリングや健診記録、育児日記、写真のアップロードをすることができます。
 
● 登録方法 
下記のアドレス「らくらく予防接種(大和市予防接種情報提供サービス)」よりご登録いただくことで、両方の利用が可能となります。
配信停止はいつでも可能です。 
 
● 動作に関するお問い合わせ
ご登録された携帯等の端末より、下記のアドレスへメールにてお問い合わせください。
● 「子育て何でも応援メール」の内容に関するお問い合わせ
電話:03-6317-5575
委託:NPO法人きずなメール・プロジェクト
 
 

プレママ・パパ教室・やまとプレイクメン講座

初めてお母さん・お父さんになる方が対象です。妊娠・出産・育児について不安を減らし、初めての赤ちゃんを安心して迎えるための準備を始めてみませんか。参加者同士の交流タイムもあります。

日程は「広報やまと」でも確認できます。

申し込みは電話か直接窓口で受け付けています。 

 ●プレママ・パパ教室 (電話か窓口での先着順申し込み) 

 対象: 初産婦とその夫

          *「知っ得・やっ得こと」は妊娠初期が望ましい

 持ち物:母子健康手帳・筆記用具

          *「安心して迎える出産」の日は、体操ができる動きやすい服装でお越しください。 

 

 

【平成29年度】日程

定員:30組

内容

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

会場・時間

【知っ得・やっ得こと】

・妊娠中の健康管理

・食事のポイントと離乳食

※平日は離乳食のつぶし体験もあります

・市の育児情報

 

17

14

6

5

5

6

3

12

1

10

3

 9

●保健福祉センター

[4・5・6・8・11・2月] 9:00〜11:30

[7・9・10・12・1・3月] 9:00〜12:00

 ※7月以降の平日開催日は、「食育ミニ講座(試食あり)」があります

※7・9・10月はもぐもぐ教室と同時開催。

 離乳食の話を4〜5か月の赤ちゃんとママと聞きます

 

 土

 金

【安心して迎える出産】

・出産の流れと過ごし方

・リラクゼーションと妊婦体操(体験)

・男性のための疑似妊婦体験と育児体験

  

22

17

16

9

21

12

14

15

11

14

16

27 

●保健福祉センター

9:00〜11:30

 金

【はじめての育児】

・赤ちゃんの特徴と産後のお母さんについて

・赤ちゃんの育児とおふろ(体験)

 

28

23

24

19

29

24

18

21

16

17

 28

18 

●保健福祉センター

9:00〜11:30

※6月・9月・12月・3月は13:15〜15:45も実施(内容は午前中と同じ)

 

平成29年度やまと プレ・イクメン講座 (電話か窓口での先着順申し込み) 

〜わが子と妻のために 今日からパパができること〜

 

 夫婦仲良しの秘訣、家族円満の秘訣、産後うつ、揺さぶられ症候群…。

気になるアレコレが、参加者同士で交流している間にまるっと2時間で分かる休日の朝。

 

【対象】はじめて我が子を迎える夫婦・迎えたばかりの夫婦 ※赤ちゃん同伴可

【日時】平成29年7月23日(日)、平成29年11月18日(土)、平成30年3月4日(日)

9:30〜11:30*受付開始9:00(遅れないようにお願いします)

【持ち物】母子健康手帳、筆記用具、パパ・ママになる/なった喜びと不安

【会場】大和市保健福祉センター 1F 保健指導室(大和市鶴間1-31-7)

 

 パパママ一緒に参加するとより効果のある会です。パパ1人での参加もできますが、ご夫婦で来てもらえるとすごく楽しめ、その日からのおうちの様子ももっともっと良いものに変わると思います。

 

【当日の内容】

◎講義とグループワークで学べる2時間です。

・ご近所さんと仲良くなろう

・夫婦の本音が分かるリアルベスト3

・インタビューワーク

・クイズで考える産後うつ/SBS

 

【早く来ると…】

・妊婦体験コーナー

・赤ちゃんお世話体験

などがあります。

 

赤ちゃん訪問

赤ちゃん訪問を行っています。
赤ちゃんが生まれたら、早めに出生連絡票を出しましょう。出生連絡票はハガキの形で、母子健康手帳別冊についています。
この連絡票をもとに、おおむね生後4か月までの間に赤ちゃん訪問をさせていただき、母子の健康管理や子育て支援の情報などを提供させていただいております。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

こども部 すくすく子育て課 母子保健担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5609 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る