サイト表示切替
検索の仕方

ホームライフイベント妊娠・出産>妊娠したら>健診>妊婦健康診査費用と補助券のご利用方法について※平成29年4月1日から助成額が変更になりました

ここから本文です。

妊婦健康診査費用と補助券のご利用方法について※平成29年4月1日から助成額が変更になりました

【妊婦健康診査を受けましょう】

健康な赤ちゃんを産み育てるためには、妊婦のうちから定期的な健康診査を受けることが必要です。

国が定めた標準的な妊婦健康診査の回数は14回を目安としています。大和市では、妊婦健康診査にかかる費用の助成券を母子手帳交付時に

お渡ししています。

 *妊娠中にほかの市町村から転入をした場合には、大和市の補助券を交付しますので大和市保健福祉センター2階すくすく子育て課にて

手続きをしてください。

 (ご自身の住民票のある自治体の補助券でないと使うことが出来ません。また、交換をせずに使用していた場合、後日返金を求められる場合が

 ありますのでご注意ください。)


【助成内容】※平成29年4月1日から助成額が変更になりました。

 《医療機関専用券1・2》 10,000円《 2〜13回券 》 4,000円 それぞれ1回の受診につき1枚使用することが出来ます。  

 

【妊婦健康診査費用補助券の使用方法】

1. 対 象 者 : 大和市内に住民登録をしており、妊娠の届出(母子手帳の交付)が済んでいる方。

2. 協力医療機関 : 県内の委託医療機関

・.県外および県内の横浜市、川崎市の医療機関については、恐れ入りますが受診される医療機関に直接お問合せください。

・.里帰り先の医療機関(国内)や助産院(国内)での妊婦健診で補助券が使えなかった場合や、健康診査費用が補助額に満たない場合は、

還付請求をすることができます。

手続きの方法など詳しいことは、母子健康手帳別冊(補助券綴)の表紙裏面に記載されています。

3. 使 用 方 法    :    協力医療機関で妊婦健診を受ける際に、医療機関窓口に母子健康手帳と合わせてご提出ください。

※ 母子健康手帳と一緒に大切に所持してください。 

【妊婦歯科健康診査受診券の使用方法】

妊娠期間中に1回、妊婦歯科健康診査を無料で行っています。

母子健康手帳別冊に入っている受診券を持参し、大和市内の協力医療機関窓口に母子健康手帳と合わせてご提出下さい。

 

 


問い合わせ

こども部 すくすく子育て課 母子保健担当(保健福祉センター2F 案内図
電話:046−260−5609 FAX:046−264−0142

ページの先頭へ戻る