サイト表示切替

ホーム>第6回 街づくり賞

ここから本文です。

第6回 街づくり賞

活動部門

中央林間まちづくり委員会

第6回 街づくり賞 活動部門・中央林間まちづくり委員会
平成元年の設立以来、中央林間地域を活動エリアとして、自主的かつ積極的に街づくり活動に取り組んできた。街づくりに関する勉強会やワークショップ等を重ねながら、多くの地域住民の参加を得て、地域の街づくりのために様々な活動を継続的に実践してきた点が評価された。

どんぐり公園を育てる会

第6回 街づくり賞 活動部門・どんぐり公園を育てる会
ワークショップ形式により市民参加の公園づくりが実践された。全体としてやや行政指導型で進められたようだが、公園のデザインから維持管理まで、市民による活発な議論や検討が行われてきた点が街づくり賞にふさわしいと判断された。

事例部門 まちのグッドデザイン賞

大和学園聖セシリア(南林間)

第6回 街づくり賞 事例部門 まちのグッドデザイン賞・大和学園聖セシリア
南林間の静かな住宅地の中に、幼稚園から短大までの一連の学校施設が整備され、長い時間をかけて緑豊かな教育環境を育ててきた。松の高木と植え込みに囲まれた施設は、当初の林間都市開発の姿を思い起こさせ、そのイメージを地域に伝えている点が評価された。

高座みどり幼稚園(南林間)

第6回街づくり賞・事例部門・まちのグッドデザイン賞・高座みどり幼稚園
南林間駅付近より、放射線状のヴィスタ上(道路の延長線上)に赤い屋根の園舎が配置され、林間都市のイメージを高めている。緑豊かで周囲は開放的であり、またシンボル的な景観づくりが行われた点が評価された。

鶴林寺・長谷川邸(下鶴間)

第6回街づくり賞・事例部門・まちのグッドデザイン賞・鶴林寺・長谷川邸
旧矢倉沢往還沿いにたたずむ寺院であり、隣接する長谷川邸とあわせ大和市に残る数少ない歴史的空間を形成している。特に坂道に面した長谷川邸の倉、黒板塀と門、及び鶴林寺の斜面緑化は、魅力的な歴史を感じさせる景観となっており、街づくり賞にふさわしいと判断された。

事例部門・まちのアクセサリー賞

「環境共生型の商業ビル」(アーキテクツ)(中央林間)

第6回街づくり賞・事例部門・まちのアクセサリー賞・「環境共生型の商業ビル」(アーキテクツ)賞・
中央林間の住宅地の中に佇む落ち着きのある商業業務ビル。コンクリート打放しの外壁と樹木が調和し、林間イメージにふさわしいおしゃれで文化的な香りのする建築デザインとなっている。また、施設内では有志による勉強会が開催されるなど、交流の場としても地域に親しまれており、街づくり賞にふさわしいと判断された。

「古き南林間の面影を残したお宅」(大木 良雄 邸)(南林間)

第6回 街づくり賞 事例部門 まちのアクセサリー賞★「古き南林間の面影を残したお宅」(大木 良雄 邸)
広い邸宅ではあるが、周囲に開放的であり、道行く人は手入れのよく行き届いた様々な種類の緑の庭をうかがうことができる。しゃれた洋風の家屋とともに南林間を代表する住宅景観として、街づくり賞にふさわしいと判断された。

「クリスマスイルミネーション」(保田 邦明 邸)(代官)

第6回 街づくり賞 事例部門 まちのアクセサリー賞・「クリスマスイルミネーション」(保田 邦明 邸)
ここ数年間のクリスマスの時期に、樹木や建物をライトアップし、平凡な住宅地のまちかどに効果的なアクセントを与えている。また、庭の手入れも行き届き、四季を通じて草花が溢れており、地域の景観向上にも寄与している点が評価された。

問い合わせ

街づくり計画部 街づくり推進課 街づくり推進係(本庁舎4F 案内図
電話:046-260-5483

ページの先頭へ戻る