サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>街づくり>街づくり>景観>屋外広告物

ここから本文です。

屋外広告物

屋外広告物は、まちの景観を構成する大きな要素です。屋外広告物は、人々に様々な情報を提供し、まちを活気づけるものです。しかし、無秩序に表示されれば、まちの景観を損なうことになりかねません。 
大和市では、大和の景観特性に合わせた街づくりを推進するため、大和市屋外広告物条例を制定し、平成20年4月に施行しました。
屋外広告物を掲出する広告主の皆様には、大和市屋外広告物条例で定められたルールを守り、良好な景観の形成にご協力をお願いいたします。
屋外広告物の安全点検を適正に実施することで、思わぬ事故や、災害時の被害を軽減したり、屋外広告物の寿命を長くすることにつながります。
屋外広告物を掲出する広告主の皆様には安全対策に関する意識を高め、屋外広告物を適正に設置、管理していただきますようお願いします。
屋外広告物の安全点検について

大和市屋外広告物条例のあらまし・構成

大和市では、良好な景観を形成し、若しくは風致を維持し、又は公衆に対する危害を防止するために、特定の地域や場所では広告物を掲出することを禁止したり(禁止地域)、また、それ以外の地域や場所では許可を受けて広告物を掲出する(許可地域)こととしています。
このほか、禁止地域や許可地域に関わらず街路樹やガードレールなど広告物を掲出してはいけない物件(禁止物件)や、どんな場所にも掲出してはいけない広告物(禁止広告物)も定めています。
なお、広告物の表示には制約がありますが、個人の住宅の表札や商店等が店に出す看板など日常生活において必要最小限の広告物については、規制が緩和されます(適用除外広告物)。

許可申請の手続・書式のダウンロード


許可申請の手続(書式・手数料等)
★平成23年度10月1日より、大和市屋外広告物条例施行規則の改正にともない、各種様式を変更しました。

屋外広告業登録制度のご案内[PDF]
平成23年10月1日より、神奈川県屋外広告物条例の改正にともない屋外広告業登録制度が始まりました。



屋外広告物とは

屋外広告物とは、次の4つの要件を全て満たすものです。
(屋外広告物法第2条第1項)
●常時または一定の期間、継続して表示されるもの
(街頭で配布されるチラシ等のような定着性のないものは含まれません)
●屋外で表示されるもの
(建物の内部や窓ガラスの内側に表示されるものは含まれません)
●公衆に表示されるもの
(駅構内や野球場内などの特定の人に対して表示されるものは含まれません)
●看板、立看板、はり紙及びはり札並びに広告塔、広告板、建物その他の工作物等に掲出され、又は表示されたもの並びにこれらに類するもの

禁止地域・禁止物件・禁止広告物

許可地域・許可の基準

 
■許可地域の確認はこちらから→屋外広告物マップ(公開型地図情報サービス)

適用除外広告物

広告景観形成地区

まちの景観をさらに良くしていくため、地域ごとにより詳細なルールを定めることができるように「広告景観形成地区」を指定することができます。広告景観形成地区では、地区の街並みに合わせて、広告物ごとに形状、面積、色彩、意匠、高さ、位置などの許可の基準を、独自に定めることができます。

この地区の指定について検討されたい方は、窓口まで、ご相談ください。

注意事項(管理義務、違反に対する措置等)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

街づくり計画部 街づくり推進課 街づくり推進担当(本庁舎4F 案内図
電話:046-260-5483

ページの先頭へ戻る