サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>街づくり>街づくり>再開発・区画整理>再開発事業とは

ここから本文です。

再開発事業とは

再開発事業の仕組み

 既成市街地において、老朽化した建築物が密集して防災上危険な地区や、駅前広場や道路などの公共施設が未整備の地区を、建築物を共同化して土地の高度利用を図り、併せて公共施設を整備することによって、街の防災性向上と活力あふれる豊かなまちづくりを進める事業で、法律(都市計画法並びに都市再開発法)に定めるところに従って行われる事業をいいます。
 市街地再開発事業には、第一種(権利変換方式)と第二種(用地買収方式)がありますが、現在大和駅東側第4地区において進められている再開発事業は、第一種市街地再開発事業です。
 

第一種市街地再開発事業とは

 第一種市街地再開発事業は、個人若しくは5人以上の地権者で作る市街地再開発組合、県や市などの地方公共団体、都市再生機構、地方住宅供給公社などが施行することができます。
 事業の組み立て方としては権利変換方式で行われ、この権利変換によって地権者が持っている土地や建物は、原則として従前の評価と等価で新しく共同化して建てる再開発ビルの床(「権利床」といいます。)や土地の権利の一部に置き換わります。
 事業に要する費用は、国や地方公共団体からの補助金と、再開発ビルの床のうち権利床を除く床(「保留床」といいます。)を第三者に売却することでまかないます。
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

街づくり計画部 街づくり推進課 大和駅周辺市街地整備支援担当(本庁舎4F 案内図
電話:046-260-5754

ページの先頭へ戻る