サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>街づくり>街づくり>バリアフリー>交通バリアフリー

ここから本文です。

交通バリアフリー

  「バリアフリー新法」(正式名称「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」)が、平成18年6月21日に公布、同年12月20日に施行されました。
  バリアフリー新法は、公共交通機関や駅などの旅客施設を中心にバリアフリー化を進める「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」(交通バリアフリー法/平成12年制定)と建築物のバリアフリー化を進める「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律(ハートビル法/平成6年制定)を統合・拡充した法律です。
  大和市では、平成15年度に交通バリアフリー法に基づき、大和市交通バリアフリー基本構想を策定しています。重点的・一体的なバリアフリー化を実現することにより、誰もが公共交通機関を利用した移動がしやすいまちづくりを目指したものであり、交通バリアフリー基本構想検討会議を設置し、本市における基本的な方針と小田急江ノ島線鶴間駅周辺地区を重点整備地区とする基本構想を策定しました。
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

街づくり計画部 街づくり総務課 街づくり調査担当 (本庁舎4F 案内図
電話:046-260-5444

ページの先頭へ戻る