サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>街づくり>街づくり>バリアフリー>まちづくり交付金事後評価について

ここから本文です。

まちづくり交付金事後評価について

まちづくり交付金とは

地域の歴史・文化・自然環境等と特性を活かした地域主導の個性あふれる街づくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。

市町村が作成した都市再生整備計画(※)に基づいて実施される事業に対して交付金を交付する制度であり、従来の補助事業に比べ、市町村の自主性・裁量性が大幅に向上することから、地域の創意工夫を活かした総合的・一体的なまちづくりを進めることが可能となります。

本市では「鶴間駅周辺地区」の整備に活用しました。

(※)都市再生整備計画

…まちづくりの目標や計画区域、期間、目標等を記載したもので、国土交通大臣に提出するものです。まちづくり交付金は、この計画に基づき交付されるものです。

事後評価とは

交付最終年度に、事業がもたらした成果を客観的に検証し、事業の成果や今後のまちづくりの方策の検討を分かりやすく説明することを目的としています。

事後評価は交付最終年度に事業と並行して実施することと定められています。このため事後評価実施時に計測できない指標等については見込値で評価し、翌年度以降フォローアップを実施することとされています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

街づくり計画部 街づくり総務課 街づくり調査担当 (本庁舎4F 案内図
電話:046-260-5444

ページの先頭へ戻る