サイト表示切替
検索の仕方

ホーム>公共交通に関するアンケート等各種調査の実施について(調査は終了しました)

ここから本文です。

公共交通に関するアンケート等各種調査の実施について(調査は終了しました)

大和市では、平成23年度に市民を対象とした公共交通に関する各種調査を実施しました。
調査結果は、総合的な交通施策の策定のために活かしてまいります。
実施内容は次の通りです。

アンケート調査

公共交通に関するアンケート調査

市内にお住まいの16歳以上の方から、2,000人を無作為に選び、郵送で「公共交通に関するアンケート調査票」を送付しました。
この調査では、最寄りの駅やバス停までの距離、公共交通機関の利用頻度、満足度などについてお尋ねしています。
(調査期間:平成23年12月16日〜平成24年1月12日)
アンケート結果(pdfファイル)

「移動しやすい、生活しやすいまちづくり」に関するアンケート

この調査では、パソコンや携帯電話でモニター登録していただいた方に、インターネットを利用してアンケートに答えていただく「やまとeモニター」のシステムを使って、日用生活や買い物の際に使う交通手段や、外出する際に不便に感じたことなどについてお尋ねしました。
(平成23年12月12日配信、12月18日回答締切)
やまとeモニターのページへ(広報広聴課)

グループインタビュー

高齢者の団体、自治会の役員の方、市内にお住まいの外国人の方などが出席される、市内の各種団体が開催する会合に、街づくり総務課の職員が出向き、その場でミニアンケートに回答していただきながら、日頃、公共交通機関を利用するうえで困ったことや不便に感じられることなどを直接お伺いする、グループインタビュー形式の調査を行いました。
なお、この調査で使用した「ミニアンケート」は、やまとeモニターのシステムを用いて実施した「“移動しやすい、生活しやすいまちづくり”に関するアンケート」とほぼ同じ内容です。
(※この調査は、平成23年11月から12月にかけ、数回にわたって実施しました。)

交通結節点機能現況調査

市内の鉄道駅周辺の施設(駅施設、道路、駅前広場、バス停、駐車場、駐輪場など)について、それらの施設の状況を確認する「現地調査」と、駅を利用されている方に調査員が声をかけ、駅までの交通手段や、外出の目的、施設や交通機関乗り継ぎの利便性について質問する「ヒアリング調査」を行いました。
(平成24年1月中旬から2月上旬にかけ、市内各駅で実施しました。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

街づくり計画部 街づくり総務課 街づくり調査担当 (本庁舎4F 案内図
電話:046-260-5444

ページの先頭へ戻る