サイト表示切替

ホームくらしのガイド>教育・文化>図書館>図書館について>図書・学び交流課 図書担当

ここから本文です。

図書・学び交流課 図書担当

オープンから2年3か月!大和市文化創造拠点シリウスは、累計来館者数700万人を突破しました。ご来館、ありがとうございます。
 
大和市立図書館については、大和市文化創造拠点シリウス内大和市立図書館(外部サイト)のページへ
大和市立中央林間図書館については、中央林間東急スクエア内大和市立中央林間図書館のページへ
大和市立渋谷図書館については、複合施設「IKOZA]内大和市立渋谷図書館のページへ
 
このページでは、市の子ども読書活動推進や、大和市文化創造拠点等運営審議会などについて、お知らせします。
 

トピックス

☆大和市立図書館で国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの利用を開始。
 
国会図書館で所蔵している絶版等の理由で入手が困難な資料を大和市立図書館の館内で利用できるサービスを平成31年2月1日から開始しました。
 ※デジタル化資料送信サービスについての詳細はこちら「国立国会図書館ホームページ」をご参照ください。

☆図書館雑誌カバーへの広告掲載希望者を募集します。 
 図書館で所蔵する雑誌の最新号に使用する雑誌カバーに掲載する広告を募集します。
 詳細は、こちら「図書館雑誌カバー広告について」をご参照ください。


☆「YAMATO図書館の道 古本まつり」を開催しました!
ご応募いただいた6組にご出店いただきました。当日の様子はコチラ(古本まつり実施報告書)
 

☆大和市は、「図書館 城下町」
 大和市には、中央のまちに市立図書館(シリウス)、北のまちに市立中央林間図書館(中央林間東急スクエア3階)、南のまちに市立渋谷図書館(IKOZA3階)と、3館の図書館があります。そのほか、つきみ野学習センター、桜丘学習センターには図書室があり、図書館とのネットワークが形成されています。さらに、市内の全駅には図書返却ポストを設置、商業施設などへの増設に取り組んでいます。小中学校の学校図書館は全校でリニューアルが完了、学校司書も全校に配置され、こどもたちの読書環境の向上を図っています。
 本市は、市立図書館を"本丸"とした「図書館の城下町」として、全市域の図書館施設の充実を進めています。

 
☆あなたの自分史を図書館に(平成30年2月1日掲載)
 あなたの自分史を市立図書館に寄贈しませんか?
 詳細は、こちらをご覧ください。
 
 
☆平成29年5月1日から、本の貸し出しは10冊までになります。(平成29年4月15日 更新)
 文化創造拠点シリウスの図書館や各学習センター図書室の本をより多くの人が利用できるよう、平成29年5月1日(月)から一人当たりの貸出冊数を合計10冊までとします。
 詳細は、こちらをご参照ください。
 
 
☆平成29年3月1日から、横浜市との相互利用が始まります。(平成29年2月21日 更新)
 大和市は、平成29年2月20日、横浜市と「図書館の相互利用に関する協定」を締結しました。
 この協定により大和市民は、これまでの7市1町1村(厚木・綾瀬・伊勢原・海老名・相模原・座間・秦野の各市・愛川町・清川村)及び藤沢市に加え、横浜市の図書館でも本を借りることが可能となります。
 横浜市立図書館のご利用方法は、横浜市中央図書館(045-262-0050)までお問合せ下さい。
 また横浜市在住の方で、大和市立図書館をご利用になりたい方は、大和市立図書館(046-263-0211)までお問合せ下さい。
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化スポーツ部 図書・学び交流課 図書担当
大和市大和南1-8-1
電話:046-259-6105


このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る