サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>教育・文化>図書館>家読(うちどく)の推進について

ここから本文です。

家読(うちどく)の推進について

 家読(うちどく)とは、「家庭読書」の略語で、「家族ふれあい読書」を意味します。家族が本を通じてふれあい、
同じ時間を楽しく過ごしてもらおうという取り組みです。

 

 <具体的な取り組みの例>
 ・家族で同じ本を読む
 ・お互いに読み聞かせをし合う
 ・読んだ本について感想を話し合う
 ・家読(うちどく)ノートで本の感想記録を作る
 ・工作や料理の本を一緒に読んで作ってみる
 ・図鑑で身近な昆虫や植物について、一緒に調べてみる


 大和市では市民の家読(うちどく)に対する理解を深め、家庭における子どもの読書活動をさらに推進することを目的として、
「子ども読書活動の推進に関する法律」で決められている4月23日の「子ども読書の日」にちなんで、毎月23日を「やまと家読(うちどく)の日」と定めました。

 市では「子ども読書力向上プラン」に基づき、家読(うちどく)を推進する取り組みを展開していきます。
この機会に家読(うちどく)をはじめてみませんか。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化スポーツ部 図書・学び交流課 図書担当
大和市大和南1-8-1
電話:046-259-6105


このページに関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る