サイト表示切替
検索の仕方
 

ホームくらしのガイド>いざというときに>消防・救急>その他>住宅用火災警報器

ここから本文です。

住宅用火災警報器

住宅火災による死亡事故の多くは、火災の発生に気づくのが遅れ、逃げ遅れてしまったことが原因です。このことから消防法が改正され火災で発生する煙や熱を素早く感知し、警報音などで火災を知らせる「住宅用火災警報器」の設置が義務付けられました。

設置場所について

次の場所の天井または壁面に設置します。

1 すべての寝室
2 2階以上の階に寝室がある場合、その階の階段部分
3 台所については、設置義務はありませんが火災の早期発見のため設置しましょう。

設置にお困りの方は、「取り付け支援」をご利用ください。

高所の取り付けが困難な方を対象に消防職員が住宅用火災警報器の取り付け支援を行います。

1 取り付けは、住宅用火災警報器を購入済みの方または、今後購入予定の方に限ります。
2 取り付け機器は、電池式のみを行います。(配線式は不可)
3 取り付け費用は無料です。
4 借家の場合は、借主の承諾をお取りください。
5 お申し込みは、消防本部予防課までご連絡ください。(土日・祝祭日を除く、8時30分から17時まで)
 

購入方法について

住宅用火災警報器は、ホームセンター等で取り扱っています。

住宅用火災警報器は、消防法に定めれらた規格に適合したものを設置してください。日本消防検定協会では、定められた規格に適合しているか鑑定を行っており、合格した住宅用火災警報器には、「NS」マークが表示されています。購入時の目安としてください。

取付けについて

個人でも容易に取り付けることができます。
新築、改築を計画の方は、住宅メーカーや地域の工務店にご相談ください。
すでに住宅をお持ちの方で設置を業者に依頼する場合は、事前に見積を取り、工事内容をよく確認してから設置依頼してください。

悪質な訪問販売に注意してください

訪問販売等の悪質な業者によるトラブルには注意が必要です。

「消防署の方からきました。各家庭に火災警報器をつけなくてはなりません。」といって不当な価格で売りつける場合が考えられます。「すぐに〜」とか「この警報器を取り付けなければならない」などと設置をせまる業者に対しては注意する必要があります。

市では、消費者と事業者との間に生じた苦情の処理を行なうために、相談窓口を設置しております。「特定商取引に関する法律」に基づくクーリング・オフ制度の対象であり、契約後一定の期間は契約解除が認められています。

お問い合わせ先:大和市消費生活センター 
電話 260−5120
月曜から金曜日までの10時〜16時(12時〜13時を除く)

問い合わせ

消防本部 予防課 予防担当 (消防本部2F 案内図
電話:046-260-5778

ページの先頭へ戻る