サイト表示切替

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>消防・救急>トピックス>消防長特別査察を実施しました。

ここから本文です。

消防長特別査察を実施しました。

大和市消防本部では、秋季火災予防運動に伴い、イトーヨーカドー大和鶴間店にて消防長特別査察を実施しました。
消防長自らが防火対象物の立入検査を行い、事業所における防火安全対策の徹底と防災意識の高揚を図ることを目的に実施しています。

査察の状況

不特定多数の者が出入りする大規模商業施設では、災害が発生した場合に多数の避難者が発生するため、避難誘導が困難となることが予想されます。消防長特別査察では、避難経路の維持管理状況や消防用設備等の維持管理状況、防火管理体制に重点を置き検査を実施しました。

避難施設の維持管理

通路等に避難障害となる物品が置かれていないか、誘導灯の視認障害がないか等を確認しました。

査察後の講評

土田消防長は、「火災は気のゆるみから起こってしまうことが多い。年末にかけてさらに多くの人で賑わう商業施設では、火災発生の危険も増加してきます。火災が起こった際は利用者の命だけでなく、避難誘導する従業員の命も大切ですので、今後も消防訓練など防火管理体制の強化を図るとともに、避難施設や消防用設備等の維持管理に努めてください。」と講評し、査察を終了しました。

問い合わせ

消防本部 予防課 (消防本部2F 案内図
電話:査察指導担当046-260-5778

ページの先頭へ戻る