サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>消防・救急>トピックス>消防長特別査察を実施しました。

ここから本文です。

消防長特別査察を実施しました。

大和市消防本部では、秋季火災予防運動に伴い、消防長特別査察を実施しました。
消防長自ら特定防火対象物における防火管理状況、消防用設備等の維持管理状況のほか、通路などの避難経路の管理状況を検査し、防火安全対策の徹底を図ることを目的として実施しています。

査察の状況

大規模商業施設で災害が発生した場合、多数の避難者が発生するため、パニックになりやすく、避難誘導が困難となることが予想されます。特別査察では、避難経路の管理状況及び消防用設備等の維持管理状況並びに防火管理体制などを重点に検査を実施しました。

自衛消防隊の実演

島忠ホームズ大和店従業員が日ごろの訓練成果を披露しました。

自動火災報知設備の説明

島忠ホームズ大和店の店長から自動火災報知設備受信機の維持管理及び操作方法について説明を受けました。

査察後の講評

萩野谷消防長は、「従業員のみなさんが消防用設備等の操作に習熟するとともに、火災を起こさないように適切な防火管理を継続していただきたい。」と講評し、査察を終了しました。

問い合わせ

消防本部 予防課 (消防本部2F 案内図
電話:査察指導担当046-260-5778

ページの先頭へ戻る