サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>消防・救急>トピックス>旅館・ホテル等に係る表示制度について

ここから本文です。

旅館・ホテル等に係る表示制度について

 平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受けて、旅館・ホテル等の火災被害拡大防止対策が進められ、平成26年4月1日から「防火対象物に係る表示制度」が始まりました。

表示制度の概要

 この制度は、旅館・ホテル等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査し、消防法令のほか防火安全上重要な建築構造等の基準に適合していると認められた建物に対して「表示マーク」を交付する制度です。
 
 
 
 表示マーク(銀)・・・表示基準に適合しているときに交付されるマーク
 表示マーク(金)・・・3年間継続して表示基準に適合しているときに交付されるマーク
  「表示制度」リーフレット(PDF)のダウンロードはこちらから

対象となる建物

 表示マークの対象となる建物は、3階建て以上で、収容人員が30名以上の旅館、ホテル等(複合用途の建物内に旅館・ホテル等がある場合を含む。)です。

 

 ※表示制度の対象外となる建物も、表示制度の対象である建物と同様に消防機関に、申請し消防法令のほか重要な建築構造等に関する基準に適合していることが認められた場合に、「表示制度対象外施設」である旨の通知を受け、防火基準に適合していることを証明することが出来ます。

大和市内で表示基準に適合している防火対象物

番号 表示マークの種類

建物名称・事業場(店舗)名称

所在地

管理権原者

認定の効力期間

1 金 

大和第一ホテル

中央1-3-19

朝日ホテルチェーン株式会社

平成32年10月31日

2 金 

東横イン大和駅前

中央4-1-20

株式会社東横イン

平成32年10月31日

申請書等様式について

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

消防本部 予防課 (消防本部2F 案内図
電話:予防担当046-260-5727

ページの先頭へ戻る