サイト表示切替
検索の仕方

ホームくらしのガイド>緊急・防犯・相談>消防・救急>トピックス>違反対象物の公表制度を開始しました。

ここから本文です。

違反対象物の公表制度を開始しました。

 

違反対象物の公表制度とは

 重大な消防法令違反のある建物について、その建物を利用する方が、火災危険性に関する情報を入手し、建物の利用について判断できるよう、消防が立入検査の際に確認した重大な消防法令違反をインターネット等により公表する制度です。

公表制度の開始日

平成28年7月1日

公表の対象となる建物

 飲食店・スーパー等、不特定多数の方が利用する建物や、病院・社会福祉施設等、火災が発生した際に一人で避難することが難しい方が利用する建物が該当します。

公表の対象となる違反内容

自動火災報知設備
 
・屋内消火栓設備の未設置
 
 
・スプリンクラー設備の未設置
 
・自動火災報知設備の未設置

公表する内容

1.建物の名称(その部分)及び所在地
 例)○○ビル (3階部分) 大和市深見西○丁目○番○号
 
2.違反の内容(設備が設置されていない状況)
 例)スプリンクラー設備の未設置
 
3.その他消防長が必要と認めるもの
 例)違反設備の補足説明など
 
 

公表する方法

1.大和市のホームページでの掲載
2.各消防署・出張所及び消防本部での閲覧

違反対象物一覧表

○ 違反対象物一覧表(平成28年7月19日更新)
 ※ 違反対象物の一覧表はインターネットの状況により最新の情報が反映されないことがあります。

建物関係者の皆様へ

 所有・管理する建物について、用途変更、増改築などの工事を行う場合には、必ず消防本部予防課にご相談ください。
 これらの変更や工事を行うことにより、公表の対象となる消防用設備が必要となる場合があり、未設置の場合は公表の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

消防本部 予防課 (消防本部2F 案内図
電話:予防担当046-260-5778 査察指導担当046-260-5778

ページの先頭へ戻る