ハトによる被害

更新日:2022年02月01日

ページID : 9295

質問.ベランダにハトなどが来て、フンをして困っています

回答.市ではハトなどの駆除は行っておりません。
ハトなどの鳥類によるフン害を防ぐため、とまりやすい箇所に剣山型の防鳥器具を設置したり、ベランダに防鳥ネットを張るなどして、ベランダ内に入れさせない(近寄らせない)対策をしてください。

質問.ベランダに巣を作られてしまいました

回答.市では巣の撤去やヒナの駆除は行っておりません。

巣に卵やヒナがいる場合

捕獲には有害鳥獣捕獲許可証が必要となります。有害鳥獣捕獲許可証を得たうえで、ご自分で捕獲、処分してください。巣を撤去した後は、再度巣を作られないよう、ベランダにネットを設置する等の対策をしてください。
専門業者に捕獲や巣の撤去を依頼する方法もありますが、費用についてはご本人の負担となります。

(注意)専門業者に捕獲等を依頼する場合は、「有害鳥獣捕獲依頼書」を業者に提出してください。
業者のかたは、有害鳥獣捕獲許可書が必要となりますので、依頼者(被害者)からの「有害鳥獣捕獲依頼書」を添えて「鳥獣の捕獲等(鳥類の卵の採取等)許可申請書」を市(県)へ提出してください。

巣の中に卵もヒナもいない場合

許可は必要ありません。ご自分で撤去してください。

この記事に関するお問合せ先

環境施設農政部 みどり公園課 みどり推進係
〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1 (本庁舎4階 案内図)
電話:046-260-5451

お問合せフォーム