市内のサル出没について

更新日:2022年02月01日

ページID : 9717

市内にサルが出没した場合、出没情報について、随時お知らせします。

また、サルに遭遇した場合は、下記のことにご注意ください。

サルと遭遇した場合の心得

餌をやらない

奥には木があり、手前には女性とサルが向かい合っていて女性がサルにお菓子を渡そうとしているイラスト

人に慣れていない野ザルはエサを取るときに、引っかいたり、噛み付いたりすることがあるので危険です。また、餌付けをすると、人間を怖がらなくなり、野生に戻らずサルの繁殖の原因ともなります。繁殖によって、農作物を荒らしたり、家に侵入するなどの被害が発生します。

近づかない

男の子がサルに駆け寄ろうとしていて、サルが頭にクエスチョンマークを思い浮かべて戸惑っているイラスト

野生のサルはペットではありません。むやみに近づくと襲われることがあります。特に幼児などは危険です。

目をみつめない

女性とサルが近くで向かい合っていて、女性がサルの目をじっとみているイラスト

目を見つめるとサルが威嚇されたと思い、人が視線をそらしたときに襲われることがありますので、目を見ないようにしましょう。

からかわない

右側から男性が両手を上にあげて左側にいるサルを驚かせているイラスト

サルをからかうことはやめましょう。思わぬ行動をして事故になることがあります。

大声をださない

帽子を被った男性が大声をだしていて、近くにいるサル2匹が困って逃げようとしているイラスト

大声を出すことはサルを興奮させることになりますのでやめましょう。

この記事に関するお問合せ先

環境施設農政部 みどり公園課 みどり推進係
〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1 (本庁舎4階 案内図)
電話:046-260-5451

お問合せフォーム