令和3年度YAMATOイラストレーションデザインコンペ

更新日:2022年02月15日

YAMATOイラストレーションデザインコンペは、若者の発表活動をサポートするとともに、大和をイラスト溢れるまちに変えていくことを目的に、平成23年度から実施している公募型のコンペです。

11回目の開催となる今回は、コロナ禍にも関わらず、511点の作品が集まりました。

511点の中から選ばれた入賞・入選作品を紹介します。

審査員

及川 正通・伊藤 桂司・江上 隆夫・小林 覚

最優秀賞 吉田 小夜子「いたずらしたい」

審査員講評

審査員一同、ヨーロッパ的なものを思い起こさせる色彩とシーンの切り取り方に見事さを感じた。よく見ると手前の猫と奥の猫、壁、影、窓からの風景、どれも世界観のある色使いでテクスチュア豊かに描かれている。「笑」というテーマに合わせた、2匹の表情の違いも面白い。最優秀賞おめでとうございます!

優秀賞 ノジリ ハルコ「春になったら」

審査員講評

「笑」のテーマに対して、奇をてらったもの、インパクトの強さを狙ったものが目立つ中、この作品の少女はそもそも笑っていない。タイトル通り、彼女はもうじき笑顔になる、きっと微笑むだろう、そう思わせる表情が巧みに切り取られている。同時に、表情だけでなく、背景や髪飾りなど、細部まで丁寧にきちんと描かれており、実は人物だけを別に描いた紙を背景に乗せることで、自然な奥行きまで表現している。技術はもとより作品に対するこのひたむきな姿勢は高く評価されて然るべきだろう。

優秀賞 南田 枝理子「あっぷっぷー!」

審査員講評

2頭のクマがにらめっこをしているだけのシンプルな絵柄。背景のオレンジが潔く、2頭を際立たせている。細かく描きこまれた毛並みの描線がイラストに動きを与えていて、ユーモラスなにらみ合いが表情豊かな一コマになっている。見ていると元気になってくる作品。

優秀賞 mochico「動物漫才グランプリ2021」

審査員講評

動物が漫才をしている。しかも、ぬいぐるみである。一体どんなブラックジョークをかましているのか想像するだけでも楽しい。応募された他2点にも共通する作者の陽気な妄想と狂気が、作品に引き込まれる理由だろう。ハッピーオーラに包まれた各々のキャラクターも魅力的なので、個別の性格付けや動きなどを深めた、絵本や動画への発展も期待してしまう。

優秀賞 米田 萌乃「ハイ、チーズ!」

審査員講評

今回のテーマに沿って、「笑顔」や「笑という文字」、「笑いの対象」をモチーフにした作品が多く並ぶ中、作品を観る側に対して「笑って」と投げかける斬新な切り口にハッとさせられた。構えているのがスマホではなく、古いカメラであることも趣きがあっていいし、タートルネックを着る季節の寒風の中、素手でそのシャッターを押そうとしているのもいい。レンズやシャッターの細かな部分だけ、あえて違う塗料を乗せた工夫も秀逸だった。作者はきっと、笑顔の素敵な人なのだろうと思う。

みんなで選ぶBESTイラスト

該当者なし(入選作品展中止のため)

入選

荒川 舞波「ちょっとした贅沢」

アリ アハメド「My father」

五十嵐 大悟「その笑顔は本物?」

石井 才輝「どうぞ。」

石橋 なごみ「俵絵」

伊藤 早矢「卵かけごはん」

岩坂 柾輝「たまご」

上野 ちはる「変なおじさん」

江川 萌恵「輝きに満ちた明日を待つ者達へ」

大内 勇輝「アメ」

大川 竜之介「笑いジワ」

片岡 凜「マスクの下」

勝倉 大和「LOW JIN HOME」

葛山 裕菜「晴れのち、ハレ」

神谷 泰輝「微笑む僕」

川之邉 みずき「肺も限界」

川目 七生「すてきなひと」

久保井 羚「ッヒャッヒャ!(゜∀゜)丿アッヒャッヒャ!」

桑原 亜実「べろべろ・ゔぁー」

小舘 龍太「ケビン」

小林 洸翔「ばけもの」

小林 萌香「ラッキー」

小山 和哉「こころ穏やかに(model:マイティー)」

小山 一「Joker」

近藤 真由「雨のち晴れ」

齋田 百伽「笑いのツボ」

榊原 愛乃「空のたび~虹アフロにのって~」

佐々木 瑛飛「黒線は笑う」

塩崎 愛「フォン&ガイ!!」

柴田 海緒「SMILE」

進士 光希「マスクの下は・・・」

杉 麻亜「笑い会いたい」

鈴木 心結「LAUGH」

鈴木 里奈「鮮やかな笑み」

ぜきこ「にらめっこしましょ」

相馬 朋未「笑顔で一緒に」

高橋 雅楽「星数の笑い」

高山 直也「大盛り」

高山 雄太「smile」

多田 妃那「Smile」

田中 まりこ「ニコニコ妖精の森」

津野 愛梨「始まり」

田 子千「無邪気な笑顔」

時田 光恵「やさしい微笑みと心の絆」

とっちゃん「笑紳士」

長江 聖也「手の笑い」

長枝 昂市「ワラッタッ?!」

南木 真唯「ちょっと通りますよ。」

納見 麗奈「小さな喜び」

橋本 華奈「笑をくすぐり出す者」

兵頭 のの香「88ハハハ8・・・」

廣嶋 朝陽「海の中の和顔」

福嶋 線久「一匹いっぴきがおいしい」

藤井 紗羅「日向ぼっこ」

藤井 義大「感情」

船橋 愛「泣いているの?それなら逆立ちしてごらん。」

ぺこ り太郎「大爆笑」

政木 凪穂「Laugh」

松本 あゆみ「駆け引き」

三島 海斗「心の風景」

宮崎 大騎「アイ」

宮崎 凜「今日も」

宮本 音葉「ぴったり大笑い」

村瀬 ひより「喜ばしい再会」

MOTO「Popping Smile」

元田 ひとみ「大好き」

森 由香里「お昼寝」

森戸 えり子「食堂」

山本 まどか「思い出アイテム」

横川 真ノ佑「エゾード・ミルの肖像(現代風)」

横田 千春「マスクの下は笑顔で」

横田 妃菜乃「イッヌ」

劉 暢「The nightingale」

若子 愛「オバケの世界のヘンテコ自転車」

和田 直樹「ねこのねこばば」

渡辺 翔「繋がる笑い」

この記事に関するお問合せ先

文化スポーツ部 文化振興課 文化振興係
〒242-8601 大和市下鶴間1-1-1 (本庁舎2階 案内図)
電話:046-260-5222

お問合せフォーム